« 当帰四逆湯の木通はどんな役割か? | Main | 逆流性食道炎 »

実証のシャックリ(呃逆)

以前「吃逆 (しゃっくり)」の記事にて実証の呃逆を竹葉石膏湯加味を用いた例を挙げた。

珍しい実証呃逆の二例目として今度は啓膈散を用いた例です。
.
沈某某,女,28歳。1983年4月5日診。
労累后に米酒を飲み過ぎて,夜半に喉が灼熱し,口舌が干燥したので,早速冷水を一碗飲んだら渇きが解けた。
早晨に起きると脘腹が痞満して不快を覚えた。
手で揉摩したら呃呃と連声を発し,遂に止らなくなった。
冷飲を数口呷ると暫くは停る。
診断は“陣発性膈筋痙攣”である。
年余にわたって四ケ処で求治するも,尚寸効も無い。
.
刻診:形体は痩削し,呃声が頻頻とし,咽喉が梗塞し,舌紅く苔は白膩で,脈は細数。
肺胃陰傷,痰気冲逆して動膈する証に属す。
濡養肺胃,化鬱平呃法を擬す。
.
啓膈散加柿蒂:
(沙参・丹参7 貝母・茯苓・鬱金3 砂仁1 荷葉蒂1个,生谷芽5 柿蒂2个)29 4剤を服す。
.
薬后に症は半減した,継進すること6剤,呃逆は息んだ。
続いて清養肺胃の法で1月余調養して,病は再発していない。
.
【按語】
妙は荷蒂の少陽生発の気を藉りて,清陽を升挙する事にあり,杵頭糠(米ぬか)が通腸開胃,下気磨積すれば,其の陰陽升降の機は順となる。
.
启膈散 より

|

« 当帰四逆湯の木通はどんな役割か? | Main | 逆流性食道炎 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実証のシャックリ(呃逆):

« 当帰四逆湯の木通はどんな役割か? | Main | 逆流性食道炎 »