« 実証のシャックリ(呃逆) | Main | 噎膈(いっかく) »

逆流性食道炎

逆流性食道炎は軽ければ焼心、胸痛 等の症状を現し,重ければ呑咽困難、反胃(胃内容物や十二指腸液(胆汁、胰汁)が賁門から食道へと逆流)となる。
本病は中医の“噎膈”、“胸痛”、“吐酸”の範畴に属し,其の病因は憂思鬱怒,酒食所傷である。
憂思すれば脾を傷つけ,脾が傷つけば気は結び,気が結ばれれば津液は輸布されず,遂に聚って痰となり,痰と気が食道を交阻する。
《医宗必読·反胃噎膈》に説く:“大抵の気血虧損は,復た悲思憂患に因る。脾胃が受傷すれば,血液は次第に消耗し,鬱気は痰を生じ,痰が塞いで不通となれば,気は上って下らず,道路は障碍され,飲食は進み難く,噎塞となる。”
酒食は湿を助けて熱を生ずる。
若し無闇に酒を嗜めば,痰濁を醸成し易い;若し辛香燥熱のものを恣食すれば津傷血燥となり易し;此の二者は皆本病を引き起こす;故に本病の病機は:痰気交阻、精血耗傷である。
病位は食道に在り,治療には化痰、潤燥、開鬱、理気を治則とすべし。
筆者は啓膈散を選用して此の病を治療している。
方中の沙参は清胃潤燥して不膩;麦冬は益胃生津し;川貝は解鬱化痰して不燥;茯苓は補脾和中し;砂仁は化湿行気し;鬱金は開鬱散結し;丹参は補血活血し;荷葉蒂は胃気を宣し;旋復花は下気消痰、降逆止噫し,代赭石の重きは以って鎮逆し,両薬を配伍して善く逆気を降す。
.
啓膈散加味
(沙参・丹参10 砂仁2 荷葉蒂1个 茯苓7 鬱金・麦冬3 貝母・旋復花・代赭石5)50
.
随症加減:
(1)伴納呆、脘痞者加佛手・建曲・通草3 鶏内金5;
(2)伴夜寐不安、多梦者加夜交騰10 百合7 浮小麦5;
(3)返酸明顕者加白芨10 煅瓦楞7 海螵蛸5
.
.
※胸焼けに応用されるものとして半夏瀉心湯や甘草瀉心湯があり、過去に症例で紹介した事があります。
しかしこれらの処方でも良くならない場合が多くあります。
そんな時に心下痞を考えるだけでは不足です。
津傷血燥・痰気交阻なども併せ考えると格段に効果が違うものです。
※啓膈散は漢方と食道癌 でも紹介しました。

|

« 実証のシャックリ(呃逆) | Main | 噎膈(いっかく) »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 逆流性食道炎:

« 実証のシャックリ(呃逆) | Main | 噎膈(いっかく) »