« January 2013 | Main | March 2013 »

頑固な粘痰

導痰湯は済生方より出て,二陳湯では除くことが出来ない頑痰膠固を治す。
本方は二陳湯に南星を加え,半夏の除痰を助け,枳実を加え陳皮の理気を助け,且つ枳実の瀉痰には“冲墻 倒壁”という程の謂われがある。
本方の半夏の用量が多いのは,和降の力を強くするためである。
降すとは即ち導くの意味で,導痰と名づける。
然し今日の后学者は星夏(天南星・半夏)は峻猛有毒であるとの説に囚われて,臨床では導痰湯に生ではなく修治したものを使用するので,薬力は大いに減る。
歴年来,筆者(邱志済)は導痰湯には生南星・生旱半夏を用いて,しばしば頑疾難症に効果をあげている。

Continue reading "頑固な粘痰"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こむらがえり

また転筋・小腿抽筋といいますが、中医学ではカルシウム不足が原因だという近代の説には同意していません。
そして日本では芍薬甘草湯という処方がこれの特効薬的な紹介をされていますが、中医学の立場からはどう考えられているかを解説します。
.
発病原因の多くは外に風冷寒湿の邪を受け,內に肝血不足がありて筋脈失養となるからである。
古論に云わく:「転筋とは営衛気の虚により,風冷の気が筋を搏つ故也」、
また內経に云わく:「外が寒に冒されて腠理が閉密ならば、陽気は(外散できず)鬱拂として、內に熱が生じ、熱は筋を燥かし,転筋となる。」
.
丹渓はこれを血熱だといって四物湯加蒼朮、紅花、酒黄岑、南星を提示している。
.
一般に中医では補肝養血舒通筋脈、温経袪寒の法を以って治療する:
四物湯加味
(白芍6.5 当帰・川芎・牛膝・続断・独活・桂枝3 地黄・木瓜・桑寄生・炙甘草5)44.5
.
加減:体虚 加党参・黄耆3 大棗4枚;
腿が麻れたり抽搐が甚しければ 加天麻3 全蠍2 炙蜈蚣一支にて熄風止痙を図る、
口乾き舌紅にして內熱があれば 加知母・麦門冬・路路通3
.
說明:
中医では肝は筋を主り血を蔵し以って筋を栄んにし,夜臥せば血は肝に帰って蔵されると考えている。
故に第一点として:若し此の人の栄筋の血が不足しておれば夜間には容易に肌肉抽筋疼痛を発生するだろう;
第二点として下肢に寒凉を受ければ,例えば昼夜の温度差が大きかったり、夏の夜に布団を着なかったり,扇風機やクーラーで脚腿部を冷やして経気不利となれば,小腿肌肉は攣急して劇痛に目が覚めるだろう。
       (半夜抽筋 中国医薬導報より)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »