« こむらがえり | Main | 鼻づまりの治療 »

頑固な粘痰

導痰湯は済生方より出て,二陳湯では除くことが出来ない頑痰膠固を治す。
本方は二陳湯に南星を加え,半夏の除痰を助け,枳実を加え陳皮の理気を助け,且つ枳実の瀉痰には“冲墻 倒壁”という程の謂われがある。
本方の半夏の用量が多いのは,和降の力を強くするためである。
降すとは即ち導くの意味で,導痰と名づける。
然し今日の后学者は星夏(天南星・半夏)は峻猛有毒であるとの説に囚われて,臨床では導痰湯に生ではなく修治したものを使用するので,薬力は大いに減る。
歴年来,筆者(邱志済)は導痰湯には生南星・生旱半夏を用いて,しばしば頑疾難症に効果をあげている。
.
症例
 頑固な粘痰
程某,女,68歳,1993年12月5日診:
いつも喉から痰が滲出するが,咯吐し難くい,色は白くて稠粘で,切れが悪い,午後や夜に甚しく,時には胸膈満悶や,頭目旋暈がある。
大便不爽で,食欲は正常で,咳喘はしない。
これまでの診断は慢性咽喉炎,慢性気管炎,神経官能症等等である。
ただ薬が少しでも熱性を帯びると,すぐに口苦痰稠を増し,薬が少しでも凉性を帯びると,すぐに口淡となり,喉間に痰壅する感じとなり,諸医は手をこまねいている。
体形はふっくらして,舌は胖大で歯痕があり,苔白く薄微膩,脈は沈渋でやや数。
これは脾湿が久しく鬱して,升降が逆乱し,枢機が転ぜず,痰濁を変生したのであるゆえ,導痰湯加味を以って治した。
.
(茯苓・枳実4 生半夏8 陳皮3 天南星・瓜呂仁5 生甘草2)31
.
煎薬時間は沸騰后,少くとも20分間とする。
薬服5剤にして,諸証は大いに減り,喉間には已に痰粘壅塞の感が無くなった。
原方を守服すること5剤にして,諸証は消失したので,香砂六君丸を以って善后を図った。
.
按:多年の頑疾が,旬日で愈えたのは,全て星夏を生用した功である。
生南星は衝動性の祛痰薬で,性力は頗る強い,方書には温燥有毒なこと略半夏と同じいと載っている,如し修治して牛胆や姜礬制を用いると,薬性は全く失われ,薬力は大いに減り,陰寒痼閉・湿痰堅凝を開くことが出来ない。
古方の三生飲,七生丸,大醒風湯等では,南星は均しく生用である。
筆者は80年代初めより,師伝の法にて,生南星・生半夏を用いて奇難雑病を治療し,屡しば沈痾痼疾を起たせた。
発表したものでは類風湿,頚椎病,甲状腺瘤,女陰白変,胃脘痞満 等等がある。
今に至るまでを累計すれば,生南星は毎年600kgに上るが未だ中毒例を見ていない。
但し煎薬時間は20分間以上を要する。
.
※これは煎じ薬でないと出来ませんね。

|

« こむらがえり | Main | 鼻づまりの治療 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 頑固な粘痰:

« こむらがえり | Main | 鼻づまりの治療 »