« 鳥インフルエンザ(H7N9型)への準備 | Main | 嚥下障害(誤嚥)3 »

嚥下困難(呑咽困難)

4/21 NHK『家で看取るということ』という放送を見ていて「ものを飲み込む」事の困難さが良く分かりました。
80歳を過ぎるとただでさえ食欲が落ちるているのに、体力保持のためといって家人は無理にでも食べさせようとします。
それに答えようとして病人は必死で食べ物を飲み込もうとするのですが、口の中に残っていつまで経っても咽を越すことが出来ません。
それが液体の水であっても同じなのです。
私はそれを見て、嚥下というのは並大抵ではない事だと感じました。
.
嚥下が困難になるという事は何が原因なのでしょうか?
食欲が乏しい事から見ても当然“脾気”が虚しているからでしょう。
胃気は下降をつかさどり脾気は上昇をつかさどるといいますから、とりあえずは“胃気”の虚とも云えます。
.
漢方ではこれを「脾の気虚陽微」といいます。
人体にとってこの昇降作用がいかに大切なことであるかは食欲と排泄を見れば明らかです。
下降(嚥下)するためには先ず上昇(昇提)させなければなりません。
上昇が出来てこその下降です。
“胃気の昇提”を図れば食欲がでて物を飲み込むことも出来るでしょう。
ネットで調べたところ、次のような処方がありました。
.
長期にわたって飲食が下らなかったり,食后にすぐ吐いたりして,面色は白く,倦怠で,寒がりで呼吸が浅い,腹脹があり浮腫もある,足は腫れ,舌色は淡く苔が白く,脈は細弱である証候には、
補気温陽の治法をとる。
補気運脾湯(人参6 白朮9 橘紅・茯苓4.5 黄耆3 砂仁2.4 甘草1.2)30.6g ;右帰丸も併用する。
 ※嚥下困難と誤嚥とは違います。誤嚥では嚥下力がまだありますから。

|

« 鳥インフルエンザ(H7N9型)への準備 | Main | 嚥下障害(誤嚥)3 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/57231075

Listed below are links to weblogs that reference 嚥下困難(呑咽困難):

« 鳥インフルエンザ(H7N9型)への準備 | Main | 嚥下障害(誤嚥)3 »