« 杏蘇散加減による咽痒咳嗽の治療 | Main | 麦門冬と水腫 »

双極性障害(躁鬱症)

双極性障害(躁うつ病)は、躁状態とうつ状態という、2種類の「病相」を繰り返す病気です。
これらの病相が治った後は、精神的な症状は全くなくなります。
これらの病相が1回で終わることは少なく、予防療法をせずに放っておくと、多くの場合再発し、年と共に再発までの間隔が短くなる傾向があるため、ふつう予防療法を行います。
再発は治療により予防できます。
はっきりした躁状態がある場合は双極 I 型障害と呼ばれ、軽躁状態とうつ状態を繰り返す場合は、双極 II 型障害と呼ばれます。
軽躁状態は、むしろ調子の良い状態と感じるので、双極 II 型障害は、本人や周囲の人にとっては、「うつ病」と感じられます。
しかし、双極II 型障害ではうつ状態が再発しやすいことから、双極性障害に含めているのです。
一方、うつ状態では、一日中、気分がゆううつで、いつも見ていたテレビや新聞にも興味がもてず、何をしても楽しめません。
何も食べる気にならず、何 kg も体重が減ってしまいます。
夜は寝付かれない上、暗いうち目がさめてしまい、過去のことを悔やんだり、自分を責めたりすることばかり考えます。
逆に、食欲が増えたり(過食)、眠りすぎてしまう(過眠)という症状が見られることもあります。
仕事をしようとしても、考えが進まず、集中力や決断力がなくなり、ひどく疲れやすいなどで、とても仕事はできません。
何事もおっくうになり、機敏に行動できません。
場合によっては、じっとしていることができず、立ったり座ったりと落ち着かなくなる場合もあります。
しまいには、もう死ぬしかない、と自ら命を絶とうとする人もいます。
.
躁狂抑鬱症のことを“躁鬱症”と略称する。
其の発作には躁狂と抑鬱の両種の形式がある。
躁狂の発作は躁狂症と称し,情緒が高漲し,自我感覚が良好で,思維は敏捷で,注意力があり言語動作が多い。
これを躁狂の三徴という。
抑鬱症にも三徴があり,情緒の低落,思維の遅鈍と語言動作が鈍いことである。
其の情緒変化は晨重晩軽であり,厳重な者は妄想幻覚がある。
.
中医では“癲狂”と称する。
癲証は沈黙痴呆,言語が曖昧,静にして多喜が特徴であり;狂病は喧擾不寧、躁狂打罵、動にして多怒が特徴である。
二者の症状ははっきりとは分れず,相互に転化するので,癲狂と并称する。
.
癲証には痰気鬱結、心脾両虚の両証がある。
(1)痰気鬱結型は,精神抑鬱,表情淡漠,神志痴呆,語無倫次,或いは喃喃と自語し,喜怒無常,不思飲食,舌苔膩,脈弦滑。
治療は理気解鬱,化痰開竅が宜しい。
(2)心脾両虚型は,神思恍惚,魂夢顛倒,心悸易驚,善悲欲哭,肢体困乏,飲食減少,舌淡紅,脈細無力。
治療は健脾養心,益気安神が宜しい。
.
狂証には痰火上擾と、火盛陰傷の両証がある。
(1)痰火上撓型は,発病が急で先ず性急煩躁,頭痛失眠,両目怒視,面紅目赤があり,突然に狂乱無知となり,屋根に登り,叫罵し,親疏を問わず誰にでも,打人毀物,力が異常に強く,不食不眠,舌質紅絳、苔黄膩,脈象弦滑にして数である。
治療は鎮心滌痰,瀉肝清火が宜しい。
.
(2)火盛陰傷型は,狂病が久しくなり,勢いは漸衰し,疲憊の象があり,多言善驚,煩躁易怒,面紅,姿は痩せ,舌紅少苔,脈象細数である。
治療は滋陰降火,安神定志が宜しい。
癲狂の二証は,常に気血凝滞と関係があるので,証候に拘らず,適当に活血化瘀の品を加入すると良い。
.
‥‥‥
羅正鑫は躁狂症を3型に分けている:
痰火内擾型:急性躁狂症に相当する;
実熱内結(内火熾盛)型:軽躁狂症に相当する;
火盛傷陰型:慢性躁狂症に相当する。
.
抑鬱症は2型に分けている:
⒈肝気鬱結型:軽性抑鬱症に相当し,症状が重ければ急性抑鬱症に相当となる;
⒉久鬱傷陰(気陰両傷)型:慢性抑鬱症に相当する。
.
丁徳正は躁狂抑鬱性の精神病を抑鬱状態に分けて:
心気虚型:(黄芪、党参、白朮、云茯苓、棗仁、北五味子、炙甘草、遠志)で治療;
肝気虚型:(黄芪、党参、竜歯、白芍、山萸肉、当帰、白朮、茯苓、棗仁、炙甘草、柴胡)で治療;
肝気鬱結型:(当帰、柴胡、白芍、鬱金、香附、青皮、路路通、甘松、薄荷、合歓花、甘草、生鉄落、琥珀)で治療;
痰鬱型:(柴胡、香附、鬱金、路路通、滑石、礞石、陳皮、甘草、遠志、枳実、半夏、川貝母、甘松、菖蒲、琥珀)で治療;
腎気虚型:(熟地黄、黄芪、山萸肉、山薬、枸杞子、棗仁、柏子仁、茯苓、竜歯、遠志)で治療。
.
魏善初は本病を肝気鬱滞、痰瘀互結によるとし,疏肝解鬱,除痰消瘀を治療法則とした。
気鬱は寒化するか或いは熱化するか,寒熱交替するか或いは夾雑するか,必らず証によりて施治すべし。
躁狂型の治則は理気柔肝解鬱,清化痰瘀であり,憂鬱型の治則は疏肝解鬱,温化痰瘀である。
.
‥‥‥
『中医症状鑑別診断学』には発癲という項目に収められています。
発癲とは,精神抑鬱,表情淡漠,沈黙痴呆,語無倫次,静而少動的症状を指す。
又"癲疾"、"文痴"、"呆病"、"花癡"等と称す。
発癲は鬱証と鑑別しなければならない。
鬱証の多くは易怒善哭,胸脇脹痛,喉中如有異物,失眠等の症状を現す。
主要な表現は自我感覚の異常だが,自制力が少ないが,神志は尚清明である。
発癲も亦 喜怒無常,多語或いは不語等の症状を現すが,自制能力は失われ,神明は逆乱し,神志不清となる。
発癲はまた発狂とも鑑別しなければならない。
.
【鑑別】
肝鬱気滞発癲: 柴胡疏肝散加菖蒲、遠志、鬱金。
痰蒙清竅発癲: 滌痰湯加天竺黄等。
気虚痰結発癲: 四君子湯合滌痰湯加減
心脾兩虚発癲: 養心湯化裁。

|

« 杏蘇散加減による咽痒咳嗽の治療 | Main | 麦門冬と水腫 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 双極性障害(躁鬱症):

« 杏蘇散加減による咽痒咳嗽の治療 | Main | 麦門冬と水腫 »