« 五十肩(肩周炎) | Main | 三叉神経痛と漢方 »

パーキンソン病と漢方2

パーキンソン病と漢方」という以前の記事で張錫純が中風の一種として、宗気と宗筋の病として治療しているのを紹介しました。
黄耆と山茱萸を最大限利用するのが氏の方針ですが、処方が複雑でいまいち納得できませんでした。

この度は中医 李可の書で「腎気大衰,腎陰匱乏,任督空虚。精気不能上達」すなわち“上盛下虚”が病機であるとの例が挙げられています。
用いられている処方は大定風珠に黄連阿膠鶏子黄湯を合わせ、更に虫類で熄風し、腎四味(枸杞子、菟絲子、塩補骨脂、仙霊脾)で腎気を鼓舞している。
これだと理論が明快で理解できます。
李可が多用するのは竜骨・牡蛎・磁石などの重鎮物や虫類(全蠍・蜈蚣)です。
この分野の薬物については日本では余り研究がなされていません。
選択された処方は
 亀鼈二膠各10(化入),生竜牡(搗先煎)、磁石(先煎)、白芍、腎四味、定風丹(首烏、白疾藜子)各30,阿膠18(化入),麦冬12,五味子10,黄連、油桂各6,炙草15,葛根60,全虫12只、蜈蚣2条,研末冲服,遠志12,鶏子黄2枚(分冲)。

|

« 五十肩(肩周炎) | Main | 三叉神経痛と漢方 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パーキンソン病と漢方2:

« 五十肩(肩周炎) | Main | 三叉神経痛と漢方 »