« パーキンソン病と漢方2 | Main | 脳梗塞に補陽還五湯2 »

三叉神経痛と漢方

三叉神経痛の漢方処方には余り適当なものがありません。
何故ならパーキンソン病などと同様に、病機の解明がし難いからです。
この度は 李可の書 にヒントがありました。
三叉神経痛を火不帰原証と弁証して傅山の引火湯を使用した例が挙げられています。
火不帰原とは、腎の陰陽(水火)のバランスが崩れて陰虚陽亢となって陽火が腎水へ帰らない状態のことです。
この場合の陽火とはまた“虚火”でもあります。
そうなると虚火は衝脈に沿って上奔し、顔面を攻撃します。
それは「頭痛、頭暈,牙痛、歯浮,鼻衄、歯衄,目赤如鳩,面赤如醉、心悸暴喘、耳鳴如潮、口舌生瘡、咽痛如火灼等」などの症状となって現れます。
中医学では“病程愈久,病機愈顕”(病程が長引くほど、病機は顕在化する)といいます。
また「病機既明,当用“甚者从之”之法(病機を明らかにした以上、甚だしきものはそれに従う)”との原則に則り、腎の虚火から治療しなければなりません。
ここで用いられるのが傅山の引火湯(熟地90 塩巴戟肉・天麦冬各30 云苓15 五味子6)の加味方です。
加味するのは虫類(全虫12只、蜈蚣2条)と細辛で、これは少陰に入り伏寒を駆逐し、兼ねて火鬱を発する意味があります。

|

« パーキンソン病と漢方2 | Main | 脳梗塞に補陽還五湯2 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/58074367

Listed below are links to weblogs that reference 三叉神経痛と漢方:

« パーキンソン病と漢方2 | Main | 脳梗塞に補陽還五湯2 »