« 脳梗塞に補陽還五湯2 | Main | 膝痛の体験 »

心筋梗塞ではなく逆流性食道炎だった!

10/16 の「ためしてガッテン」は無痛性心筋梗塞についてでした。
この中で紹介された事の一つに“逆流性食道炎が胸痛を起こす事があり”、それが心筋梗塞と間違えられる、というくだりがありました。
これは大変参考になりました。
実は私もこれを経験しているからです。
決まって夜間に起こり、胸痛というか胸悶というか、名状しがたい何とも厭な圧迫感が一分間ほど続くことがあります。
これを色々考えて、若しかしたら心筋梗塞の始まりかもしれないと思っていました。
それが逆流性食道炎でも起こり得る症状だと聞いてホッとしました。
嘈雑”という中医学の症状があります。
これを日本語に訳すのは中々難しいのです。
“胸やけ”と訳されたりしていますが、充分ではありません。
虞搏の《医学正伝》には次のように説明されています。
“嘈雑の証は飢えに似て飢えにあらず,痛みに似て痛みにあらず,懊悩不寧の状である。其の証は嗳気を兼ねたり,痞満を兼ねたり,悪心を兼ね,やがて胃痛へと進む……。” 其の痛みは往々食を得れば止まる。
過去のブログでも逆流性食道炎について書き、啓膈散を紹介しています。
啓膈散はまた噎膈(いっかく)すなわち幽門梗阻や萎縮性胃炎にも使われています。
私が服用しようとしているのは次の啓膈散加減です。
(丹参・鬱金・茯苓5 貝母・半夏・瓜呂皮・陳皮・荷葉・佩蘭・竹茹・玉竹3 沙参7 甘草・砂仁2 烏賊骨・柿蒂5)60

|

« 脳梗塞に補陽還五湯2 | Main | 膝痛の体験 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 心筋梗塞ではなく逆流性食道炎だった!:

« 脳梗塞に補陽還五湯2 | Main | 膝痛の体験 »