« 女貞子の修治をする | Main | 家が建ちました »

参耆地黄湯と腎炎

参耆地黄湯は清·沈金鰲の《沈氏尊生書》に出てくる処方で、六味地黄湯から沢瀉を去り、人参、黄耆、姜、棗を加えたものである。
従って気陰両虚に用いられる処方である事が分かる。
これが慢性腎炎によく応用されている事を紹介したい。
例えば『張琪腎病医案精選』では参耆地黄湯に養血活血・解毒泄濁薬を加えたり、瀉湿濁・解毒活血薬を加えたり、活血解毒薬を加えたりして各種の慢性腎衰竭を治療している。
基本は益気養陰・健脾補腎法ではあるが、糸球体濾過が悪くなる事よりこれを“”の蓄積と考え、黄耆の補気托毒・排膿生肌の作用に期待している事が注目される。
験案挙例
  劉某,女,21歳,2005年7月2日初診。
患者は“腎病綜合症”になって1年の病歴がある。
刻診:眼瞼及び双下肢に軽度の水腫があり,乏力・腰困を伴う。
平素から怕冷と易感冒があり,尿は常に蛋白+++,潜血++を示し,舌は淡胖,苔白,脈は沈細である。
肺腎の気虚兼血瘀と辨証される。
よって治法は補益肺腎・祛風活血とする。
処方:生黄耆・山茱萸・山薬・茯苓・防風・蝉蛻・竜葵・白茅根10 党参・熟地黄・菟絲子・青黛5 牡丹皮・沢蘭3
ステロイド剤による治療を平行して当処方を3剤にして,3日后の再診では,元気が出て,乏力は減軽した。
此の方の加減を運用して8ケ月余り治療して,症状は消失し,尿検が正常となった。
          戴恩来老师运用参芪地黄汤经验 より

|

« 女貞子の修治をする | Main | 家が建ちました »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参耆地黄湯と腎炎:

« 女貞子の修治をする | Main | 家が建ちました »