« 小児遺尿と加減益胃湯 | Main | 柴葛解肌湯について »

三叉神経痛と柴葛解肌湯加減

三叉神経痛 《四川中医》(1992,12:21):
某女,22歳。
5年前から三叉神経痛を罹患しており,時に軽く時に重く,遷延するも愈えず。
診見:左半側頭及び面頬の疼痛が忍び難い,焼灼感があり,頭痛部位は時に左時に右へと移り,牙歯・目眶・太陽穴へ牽及し,常に飲食・説話・洗臉に因って痙攣し,痛みが止った后も頭部が昏沈する。
近来は発作が頻劇となり,目眩を伴い,鼻干,耳鳴,口苦と渇,煩躁易怒がある。
舌質は干,苔は正常,脈は弦緊数。
風毒が陽明経筋に入侵した証で,鬱熱が太少両陽に波及している。
柴葛解肌湯加減:
(柴胡・葛根・黄岑・白芍5 石膏10 羌活・白止・桔梗4 甘草・大棗3 蜈蚣1条 地竜7 全蝎2)58
二診:3剤后,痛熱は大いに減ったが,面部は尚軽く微熱感があり,脈弦遅。
上方から石膏を去り黄耆10gを加えて,5剤を再服する。
三診:疼痛は消失したが,唯面肌に時に酸脹を覚える。
原方を間日1剤とし,又半月用いて停薬する。
三叉神経痛への乏しい情報に追加して記憶したい。
          柴葛解肌汤

|

« 小児遺尿と加減益胃湯 | Main | 柴葛解肌湯について »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三叉神経痛と柴葛解肌湯加減:

« 小児遺尿と加減益胃湯 | Main | 柴葛解肌湯について »