« 三叉神経痛と柴葛解肌湯加減 | Main | 柴葛解肌湯について2 »

柴葛解肌湯について

日本では一般に浅田家方が用いられていますが、何故でしょうか?
本来なら《傷寒六書》が原本ですから、そちらの方を使うのが普通です。
比べてみますと、
浅田家方(柴胡4 葛根・黄芩・芍薬・桂枝・半夏3 麻黄2 石膏5 甘草・乾生姜1)28
傷寒六書方(柴胡4 葛根・黄芩・芍薬3 羗活・白芷・桔梗・甘草・大棗2 石膏5 乾生姜1)29
浅田方函には「太陽少陽合病、頭痛、鼻乾、口渇、不眠、四肢煩疼、脈洪数ノ者ヲ治ス」とあるだけで、変方した訳は書かれていません。
浅田家方は「葛根湯+小柴胡湯+石膏」の構成で、傷寒六書方の持つ意味とは少しずれがあります。
中医学では柴葛解肌湯の多くは加減方を取り、例えば次のように発展しています。
柴葛解肌湯加減(柴胡・黄芩・桔梗・薄荷・金銀花6 葛根9 羌活・白芷3 生石膏・蘆根15 生甘草3 生姜1)
桂枝・半夏・麻黄などの温薬は見当たらず、冷薬が増えていきます。
浅田方が太陽表証や少陽にこだわるのとは反対ですね。
中医方は外感風寒が発散しきれず、裏に入って化熱証となったものを対象とするからです。
即ち「太陽表邪未尽」の状況ですから、残りの表邪を発散するには「羗活・白芷」で充分で、「麻黄・桂枝」などを使って“傷津”しないように気遣っています。
仮に無汗で悪寒が甚しければ黄芩を去り麻黄を加えるか、夏秋なら紫蘇葉を加えるようです。
私個人としては浅田方は使いづらく、中医方を更に加減して使う方が好みです。

|

« 三叉神経痛と柴葛解肌湯加減 | Main | 柴葛解肌湯について2 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 柴葛解肌湯について:

« 三叉神経痛と柴葛解肌湯加減 | Main | 柴葛解肌湯について2 »