« 独活寄生湯加減と肩周炎 | Main | 病機弁証 »

老人性皮膚掻痒症と四物湯加味

以前の記事で「風掻痒(苔癬様の皮膚掻痒症)」というのを書きました。
あの時は治皮膚掻痒症妙方にて私の「腿の裏に小さくポツリと出た赤疹」は数日で治癒しました。

ところが今度は反対側の腿の辺りに、カサカサした部分が出来て、そこが衣類に触れると痒くなった。
どうも老人性皮膚掻痒症のようだ。
この程度のものなら牡蛎や珍珠母などの重鎮熄風の薬は不要だろう。
それよりも乾燥性を先に治さなければとネットを探してみたら出てきたのが四物湯加味です。
なるほど老人の皮膚は血虚で乾燥性です。
血虚なら補血をしなければなりません。
中医の補血方法には二つあります。
「益精生血(精生血)」と「健脾生血(水穀生血)」です。
脾胃が健全で食欲があれば前者の益精生血法を取ります。
若し食欲が無ければ後者の健脾生血法を取ります。
選んだのは
四物湯加味 (熟地黄・当帰・白芍・丹参・川弓5 刺疾藜7 蝉衣・防風3)38
これは味があっさりしていて比較的飲みやすかった。
さてその結果は、1剤にして痒みが収まってきたのが分かった。
2剤にして効果が確実となり、後数剤があれば皮膚のカサカサも少なくなるだろうと思われる。
四物湯は“婦人科の聖方”と云われているけれど、どうして老人にも適応が広いと考えられます。
何故なら四物湯は“益精”による補血法ですから。
書き忘れましたが四物湯加味の先に、成分的には類似の当帰飲子exを飲んでみましたが、これはさっぱり効きませんでした。

|

« 独活寄生湯加減と肩周炎 | Main | 病機弁証 »

治験」カテゴリの記事

Comments

心と肺
老人性皮膚掻痒症について先には四物湯加味を、今度は清燥救肺湯加減を取り上げました。
どちらも「血虚生風生燥」が病機です。
弁証は同じでもどんな処方・薬味を使うかによって結果が違ってきます。
前者は「地黄・当帰・白芍・丹参・川弓」が主となり、後者は「石膏・麦冬・阿膠・胡麻仁・杏仁・冬桑葉・炙杷葉」と全然異なります。
これだけ違っても同じ弁証とはこれ如何に?
両者の“生燥”の元になる五蔵が違います。
片や血虚といえば心血虚であり、もう一方は肺陰虚です。
心と肺ではまるで違います。(血虚と陰虚の差は殆どありません)
実のところ、私の老人性皮膚掻痒症について先に四物湯加味を試して幾らか良いと感じた後は、一進一退で症状の改善はありませんでした。
そこで次に、ではと試したのが清燥救肺湯加減です。
これはハッキリと手応えがありました。
書き漏らしていましたが、皮膚掻痒のほかに鼻干・排尿がスッキリしない・やや便秘という事もありました。
それらが同時に改善してきたのです。
それで感じたのは弁証も大切だけれどもそれはまだ半分で、残り半分の処方の決定こそが結果を左右する要であるという事です。
どちらもないがしろには出来ない大切な点ですが、現在の日本の漢方には「弁証も処方の考察も」抜けており、「いきなり処方」が来るのです。
分かっていてもこれらは省略できない事です。
私がミスったのも「心と肺」の違いでした。
自戒とともに啓発になることを願って。

Posted by: youjyodo | 2014.05.17 at 10:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/59387078

Listed below are links to weblogs that reference 老人性皮膚掻痒症と四物湯加味:

« 独活寄生湯加減と肩周炎 | Main | 病機弁証 »