« 薬草漢方の終わり | Main | 独活寄生湯加減と肩周炎 »

頚椎症と活絡効霊丹加味

頚椎症の漢方治療に活絡効霊丹加味を挙げたことがあります。
活絡効霊丹の応用3
この度は『活絡効霊丹加味治療頚椎病89例療効観察』という報告がありましたので紹介します。

中医証侯辨証では次のような5分類がなされています。
1.風寒湿痺型12例
2.気滞血瘀型43例
3.痰湿阻絡型25例
4.気血虧虚型6例
5.肝腎不足型3例
治療方法は 活絡効霊丹(丹参15 制乳香・制没薬・当帰10)45 を基本方としています。
風寒湿痺型 加羌活10g、桂枝6g;
気滞血瘀型 加川芎10g、紅花6g;
痰湿阻絡型 加僵蚕10g,半夏10g;
気血虧虚型 加黄芪30g、党参15g;
肝腎不足型 加山萸肉10g、牛膝15g
治療結果は 1.風寒湿痺 2.気滞血瘀 3.痰湿阻絡 の三型に対して療効顕著としており、4.気血虧虚型 5.肝腎不足型 には余り効果がありません。
討論分析
頚椎病は中医では血瘀証の痺証に帰属します。
活絡効霊丹は張錫純の《医学衷中参西録》に出てきます。
処方中の丹参は活血化瘀で、これに配当されている当帰は養血活血で、両薬の合用により補中に攻有り、攻中に補有りで「攻補兼施」となり活血化瘀の功能を増強しています。
更に乳香・没薬を配しているのは、これらの気味が「香竄入絡」で、経絡を通し、気血を暢行させ、薬力を病所に直達させるからです。
※経絡が閉塞して不通となった場合、乳香・没薬のような香りの強い樹脂類を使って「香竄入絡」させるか、土鳖虫・地竜・全蠍・烏梢蛇・蜈蚣などで「捜剔竄透」させるかのどちらかの方法を取ります。
また次の加減方も報告されています。
葛羌活絡効霊丹(葛根10 羌活・当帰・丹参・乳香・没薬5)35
風寒+桂枝・防風10 
上肢麻木+黄耆30 白僵蚕10 
腎虚+続断・菟絲子30
気血両虚+黄耆30 当帰15
五虫活絡効霊丹合大補元煎(庶虫・乳香・没薬・当帰・人参・地竜・杜仲・山茱萸10 全蠍・烏梢蛇・甘草6 熟地12 丹参・山薬・枸杞子15 蜈蚣1)

|

« 薬草漢方の終わり | Main | 独活寄生湯加減と肩周炎 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 頚椎症と活絡効霊丹加味:

« 薬草漢方の終わり | Main | 独活寄生湯加減と肩周炎 »