« 燥湿相兼 | Main | 陽虚の盗汗 »

アトピーと胃強脾弱

案三、郭某,男,1歳半
一診:一九七二年五月十一日
患児は生后2个月から顔面に紅斑、丘疹が出来はじめてもう1年以上になる。
普段から消化不良で哺乳期間中はいつも下痢便だった。
長じてからも食べる量は多いが、食后暫くしてから便を催しそれも不消化便である。
身体は消痩で面色は白く、頭皮・顔面には片状の丘疱疹がある。
腹部及び両腿にもまた同様の皮疹があり、淡褐色で滲出液は少ない。
舌苔は薄白、脈証から見るとこれは「胃強脾弱,運化不健,水湿内生,浸淫肌膚」の脾虚湿蘊証である。
健脾理湿法、除湿胃苓湯加減小児化湿湯と同じ)
 蒼朮・陳皮・茯苓・沢瀉4.5 炒麦芽9 六一散6(包)  5剤
二診:五月十六日
服薬后に大便はまだ稀薄だが皮疹は次第に消え始め、痒みも軽くなり安眠できた。
前方を継服すること5剤。
三診:五月二十三日
1周后復診すると、皮疹は基本的に消退し、新しい湿疹は出ておらず大便は形をなしてきた。
後は“健脾片”にて効果を鞏固にするようにと言い残す。
【按語】本例は嬰児湿疹にて中医では胎瀲瘡と称する。
其の成因は「先天不足,胃強脾弱」である。
胃強とは食多量大のこと、脾弱とは運化失職のこと。
それで消化不良となり水湿が内生し,浸淫瘡となる。
病根は脾にある。
故に治療は治脾に重きを置き、脾虚を補って脾弱を強に転ずれば水穀は運化を得て、湿は産生されなくなる。
[解析] 異位性皮炎(アトピー)は一種の嬰児湿疹であり、中医では"[女乃]癬""胎瀲瘡"といい、《外科正宗》には頭面遍身に発するのは[女乃]癬であり、片状となり、睡臥不安、掻痒がひどいとある。
《医宗金鑑》中では“瀲瘡は嬰児の頭頂や眉端に生じ、痒くて白屑が出、形は癬疥のようである。これは胎中の血熱が生れ落ちてから風を受けたからである。”といっている。
 ※アトピーの原因は「先天不足,胃強脾弱」であると喝破しているのは注目に値する!

|

« 燥湿相兼 | Main | 陽虚の盗汗 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アトピーと胃強脾弱:

« 燥湿相兼 | Main | 陽虚の盗汗 »