« 陽虚の盗汗 | Main | 不眠に苦参が効くか?! »

治風先治血とは

風を治すには先ず血を治せ、血が行れば風は自ずと滅す。
治風先治血,血行風自滅”の語は明•李中梓《医宗必読卷十•痺》に出てくる。
彼は行痺(疼痛部位が固定せず遊走性を呈する病証。風痺・走注ともいう)の治法を述べる時に“行痺を治すには,散風を主とし,御寒利湿もなお廃すべからずも,大抵は補血の剤も合わせると良い。治風には先ず治血を,血行れば風自ずと滅する也。”といっている。
《金匱要略》で営衛の気不足により起った「脈が陰陽倶に微にして,身体麻木して知覚を失い,“風痺状”の如き者は,桂枝湯去甘草,倍生姜,加黄耆(黄耆桂枝五物湯)を選用する。
主薬の黄耆は,陽気を振奮させ,血液の運行を促進させる,すなわち“気行れば血行る”である。
“治風先治血,血行風自滅”というメカニズムは対象が行痺だけに限らない。
例えば身体麻木・中風・紫癜風・皮膚病‥‥‥、外風・内風ともに“風”ならどんな風病にも応用できる。
当帰飲子の四物湯と黄耆は合わせて「補益疏風」に働くし、消風散のは当帰・生地・胡麻仁は養血・滋陰潤燥に働くし、三甲復脈湯や大秦艽湯も「育陰液、重肝腎」が“治血”に相当する。
「血」とは陰液を指し、陰血・津液・瘀血をも含めて考えると更に応用が広がる。

|

« 陽虚の盗汗 | Main | 不眠に苦参が効くか?! »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 治風先治血とは:

« 陽虚の盗汗 | Main | 不眠に苦参が効くか?! »