« 東洋医学の“脾” | Main | 胃もたれと漢方 »

東洋医学の“脾” 2

「膵臓」という新しい名称が出来た日本の事情と同じことが中国でも起ったといえば驚きませんか?
中国では「胰脏」と表します。
中医“脾”“胰”辨 によれば、中国へ解剖学書の《泰西人身说概》が伝わったのが1623年です。
解剖学書といっても骨格や筋肉や脳などの解剖図で、内臓図は無かったようですが。
その後、1851年に内臓図や機能の加わった《全体新論》が伝わり、その頃に[東洋の“脾”]=[西洋の「脾臓」]とされました。
どうも現在の膵臓というものの機能が当時はまだ分かっていなかったのがその理由のようです。
ハッキリした形のある脾臓と違って膵臓は脂肪のような組織なため(『難経』には「脾の重さは二斤三両、扁広三寸、長さ五寸、散膏半斤を有し、裹血を主り・・・・・」と説明されており、“散膏”とは脂肪塊のようなものを指す)、臓器と認め難かったのでしょうか。
経緯は分かりませんが、不明のそれに新たに「胰脏」の名が付けられました。
その後のことですが、中医師の張錫純(1860‐1933)は《医学衷中参西録》中で「胰脏」は“脾之副臓”である、と述べているそうです。これは既に脾臓の名が社会的に認められてしまったからには、今更正すと却って混乱を招くので、脾はそのままに、これの副臓と言えば「胰脏」がいくらかでも“脾”に近づくのではないかと意図したと思われます。
日本では「膵臓」という単語を造語し、中国では「胰脏」の文字を当てて、図らずも双方とも“脾”を間違えてしまったのです。

|

« 東洋医学の“脾” | Main | 胃もたれと漢方 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東洋医学の“脾” 2:

« 東洋医学の“脾” | Main | 胃もたれと漢方 »