« January 2015 | Main | March 2015 »

芍薬甘草湯とこむらがえり2

『傷寒名医験案精選』の芍薬甘草湯の項に「小腿転筋」(こむらがえり)という徐迪華医案が出ています。
・ 
王某某,男,28歳,1958年1月4日初診。
3个月前から小腿抽筋発作が経常的に起る。
軽い仕事では軽い発作,重い仕事では重い発作,休息しておれば起らない。
発作の后も小腿の酸痛は数日続く。
この4夜も連続して小腿筋が引き攣れて,かつ頭昏み元気が無いが,食欲は正常である。
2年前に腹に鈎虫がいた事があるので,この度は2度駆虫薬を服し,5回大便検査をして,虫卵が見つからないまでにした。
検査:血圧90/60mmHg。舌淡苔滑,脈軟細。
面色は萎黄だが,心肺は正常,腹は平軟,肝脾は手に触れない。
紅血球325万,血色素60%。
処方:芍薬甘草湯60ml,2日分。
1月6日の復診:服薬一剤で,小腿抽筋は減軽し,2剤で停った。
その後は原方100mlを再服するに当たり,外に黄耆9g,党参12g,当帰9gを加えて,5剤を服用させる。
3个月后に随訪したところ,小腿抽筋は一度も起きていなかった。(中医雑志1959)
按語:小腿転筋とは,即ち29条の“脚攣急”のことであるから,芍薬甘草湯の主証であり,肝の陰血虧虚による,筋脈攣急である。
この症例は、鈎虫(十二指腸虫)による貧血が原因でこむらがえりが頻発していたのを駆虫後に、芍薬甘草湯を服薬することで速やかに全治したものである。
小腿抽筋が起らなくなってからも貧血を回復するためにと黄耆・党参・当帰を追加することを忘れなかった。
日常的なこむらがえりと、十二指腸虫による貧血が元で起る小腿抽筋とでは、同じ症状でも程度と状況が全然異なる。
陰血虧虚という状況のことを「証」といい、証を無視して症状だけで薬方を選んでも効く訳がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

芍薬甘草湯とこむらがえり

芍薬甘草湯は『傷寒論』では、傷寒という急性感染症の治療に当たって、誤治で発汗させてはいけない場合に発汗を行い、体液を消耗させて(誤汗傷津)筋肉の濡養を失って脚が引きつれる(脚攣急)という状態を救うために用いられた処方です。
通常ならば、たかが発汗ぐらいで脚が引きつれる事はありません。
だから誤汗傷津が起るのは、よくよくの場合なのです。
それは病人は発熱しているのに脈が沈細で、ただでさえ陰血(体液と血液)が不足していて発汗などという荒療治を採るなどもってのほかという時です。(汗は血より生じる)
この時の誤治は重大です。
その結果、脚攣急が起ったのですから病人の急迫は並大抵ではありません。
原因が単に体液不足だけなら現代では輸液という簡便な方法がありますが、基本に陰血両方の不足があるため誤汗傷津から容易に回復する事は望めません。
それを救うのが芍薬甘草湯(芍薬・甘草 各30g)となると、これは大変な救命の特効薬です。
さて現在わが国で使われている芍薬甘草湯といえば「芍薬・甘草 各3g」で、原方の1/10に過ぎません。
とても本来の芍薬甘草湯と同じように使う訳にはいきません。
それを効能の「脚が引きつれる」というのだけを引用して「こむらがえり」の特効薬として宣伝しているのが実情です。
また「こむらがえり」位いなら誰にでも起る日常事です。
体位の関係で簡単に起り、また直ぐに簡単に治ります。
薬など必要な病気ではありません。
それなのに「こむらがえりに芍薬甘草湯」となると、これは全くの商売のための戦略というほかはありません。
日常的な「こむらがえり」は病気ではなく単なる一過性の痙攣に過ぎませんから薬の対象にはなりません。
誰もそれを指摘しないのは何故でしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貨幣状湿疹の再発

2010年、「貨幣状湿疹 (続報)」で乾燥性に変わった貨幣状湿疹が、その後はなかなか改善しないのに対して、滋陰熄風湯を使って60日間服用した。
その結果 一応全快ということを「貨幣状湿疹 (現在)」に報告した。
さて今年は2015年であるが、昨年末に貨幣状湿疹が再発した顛末を報告しておきます。
12月中頃に右足首に貨幣状湿疹のきざしがあった。
最初は外傷だと思って見逃していた。

Continue reading "貨幣状湿疹の再発"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

耳の閉塞感

いわゆる耳蒙(耳管開放症)を腎から論ずる事が多いが湿熱からも起る場合がある。
耳蒙治験:周某,女,23歳,公務員。

Continue reading "耳の閉塞感"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »