« 血風型湿疹 | Main | 貨幣状湿疹の中医治験 »

緑内障

中医学では緑風内障または青光眼といい、《秘伝眼科竜木論》では五風内障(青風、緑風、黄風、烏風、黒風)の一 つ。
「風」の字は病勢の変化が迅速な事を表示する。
青風、緑風は比較的軽く,黒風,烏風は稀れで黄風は最も重く,失明に至り易い。
以前は、眼圧の上昇が緑内障の最大の原因とされてきました。ところが実際には、正常眼圧であっても緑内障になるケースが多いことがわかり、現在では緑内障全体の70%以上を正常眼圧緑内障が占めるほどになっています。
急性発作期には,清熱、瀉火、平肝、熄風、理気、降逆、化飲等の法を用いますが、慢性期の病勢が緩い時には培補肝腎法を主とし,瀉火、平肝、熄風等の法は従となります。
正常眼圧緑内障のように進行が緩やかな場合は、1.肝鬱気滞(肝失疏泄,気機鬱滞,化火上逆)や 2.陰虚陽亢(水不涵木)が病機となると考えられます。
1.で候補とされるのは 丹梔逍遥散合左金丸加減(当帰・白芍5 柴胡・茯苓・白朮・丹皮・山梔子・黄連3 甘草・薄荷2 生姜・呉茱萸1)34
2.で有名なものとして滋腎,養肝,明目の明目地黄丸があり、目渋畏光(まぶしがる),視物模糊(かすむ),迎風流泪(風を受けると涙がでる)などの肝腎陰虚証に使います。
処方:熟地黄,山茱萸,牡丹皮,山薬,茯苓,沢瀉,枸杞子,菊花,当帰,白芍,蒺藜,石決明(煅)
(熟地黄10,茯苓・山薬・丹参5,白芍4,枸杞子・菊花・牡丹皮・沢瀉・当帰・菟絲子3,五味子・川弓2)51
 ※日本では苓桂朮甘湯・柴苓湯・五苓散などが応用されているようですが、その狙いはみな眼圧を下げるための利水作用ばかりです。

|

« 血風型湿疹 | Main | 貨幣状湿疹の中医治験 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 緑内障:

« 血風型湿疹 | Main | 貨幣状湿疹の中医治験 »