« 肝鬱便秘 | Main | 緑内障 »

血風型湿疹

心火が内生すると遂には血熱を導く事になり、血風型湿疹を発する。
血風型とは:身体に紅粟(紅丘疹)を起し,掻破すると出血を見,滲水は少なく,劇烈な掻痒のため掻痕は累累とし,特に夜間がひどい。
舌質は紅く,苔は薄白か薄黄,脈は弦数となる。
此の種類の型では,熱>湿。
血熱が主となるので,治療法は凉血消風を主とし,除湿清熱を輔とする。
《朱仁康臨床経験集》には丘疹性湿疹にと皮癬湯が載っている。
皮癬湯(生地10 当帰・赤芍・黄岑・苦参・蒼耳子・白蘚皮・地膚子3 生甘草2)33
これを少し加減したものがネットにあり、更に使いやすくなっている。
皮癬湯加減(生地10 当帰・赤芍・黄岑・苦参・地膚子・白蘚皮・丹皮3 生甘草2)33
紅粟(紅丘疹)といえば、あの難治の貨幣状湿疹を思い出す。
いずれこの処方と貨幣状湿疹との体験を報告しましょう。

|

« 肝鬱便秘 | Main | 緑内障 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 血風型湿疹:

« 肝鬱便秘 | Main | 緑内障 »