« 眼圧が高い緑内障の一例 | Main | てこずったセキ »

貨幣状湿疹の続報2

2015.02.11(画像1)
2015.05.04(画像2)
2015.06.04(画像3
2015.06.25 (画像4)

Dsc017781

『朱仁康臨床経験集』の方薬:(生地黄5 元参・丹参・当帰・滑石・茯苓・沢瀉・白蘚皮・蛇床子3 甘草0.5)29.5 を服用し続けて30日が過ぎた。
遅々としてではあるが確実に症状は軽減している。
今回の経験から幾つか記録しておきたい。
・貨幣状湿疹は未知の部分が多く、難治性で治療法はまだ確立されていません。
ようやく到達したのが『朱仁康臨床経験集』の方薬でした。
処方内容から「陰虚・血虚・血熱・湿熱」が基礎に存在するものと想像できます。
私の舌には若い時から人型の亀裂があり、これが陰虚・血虚・血熱の一端を示しているのかも知れません。
・貨幣状湿疹は“血熱”が激しく表面化するため、誰もがこれに捉われがちになりますが、陰虚・血虚・湿熱にも満遍なく配慮しなければ効果を発揮することが出来ません。
・血熱なら冷やせば良かろうと単純に冷水で冷やしたりすると直ぐに痛くなります。また夜間に布団から患部を出すと直ぐに冷えを感じて痛くなります。これは陰虚・血虚のためかと思われます。だから患部は包帯などで保温しておく方が無難です。
・入浴時は発疹が盛り上がりヒリヒリ痛みますが、湯から上がって後から見ると少しだけ赤みが薄れています。
これは奥深くにあった血熱が表面まで浮かんできて発散したからかと思われます。
誰かのトラックバックであったかと思いますが、貨幣状湿疹を薬を使わずに塩湯に入るだけで治しているという方がおられました。

|

« 眼圧が高い緑内障の一例 | Main | てこずったセキ »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貨幣状湿疹の続報2:

« 眼圧が高い緑内障の一例 | Main | てこずったセキ »