« 白牛宣肺湯と喉源性咳嗽2 | Main | むくみ 春沢湯 »

足がほてって寝苦しい

この頃の蒸し暑い夏の夜に「足がほてって寝苦しい」事がありませんか?
よく引き合いに出されるのは三物黄芩湯という漢方処方ですが、ちょっと頭をかしげたくなります。
中医師・藤田康介先生のブログ「中医・我が愛しの上海へ/理想の中医学・漢方を」 2011年05月09日 に、『「のぼせ」の中医学的なある考え方』と題した記事があります。
ここで述べられている「のぼせ」という表現が顔ののぼせばかりを連想させますが、ほかに手足の煩熱も含めて云っているので「ほてり」とでも言い換えた方が良さそうです。
例に挙げられているのは昇陽散火湯(升麻・葛根・独活・羌活・白芍・人参・生甘草・炙甘草・柴胡・防風)です。
日本ではあまりお馴染みではありませんが、是非とも活用したい処方です。
そもそも何故 夏に「足が火照って寝苦しい」のか?
その原因の多くは暑さしのぎに摂取した食べ物が冷たいものに偏っていたからではありませんか?
あるいは冷風やクーラーに当たりすぎた事も関係しているでしょう。
そうして体を冷やした結果、胃腸の働きが衰えて陽気が発散できなくなっているからだと思われます。
そういうのを“火鬱”といい、陰火とも清陽不升とも云います。
対処法は胃腸機能の賦活にあります。
ではそれをどうやって実現するか?
風薬を使うのです。
そのひとつが昇陽散火湯でもあるのです。
‥‥‥
『内外傷辯』巻中に升陽散火湯という処方があります。
そこには「血虚或いは胃虚なのに冷たい物を食べ過ぎた為に陽気が発散せず脾土の中に閉じ込められて、四肢はだるく肌が火照り、筋骨間が熱し、その熱いことはまるで火で焼かれるような烈しさになったもの。」と説明があります。
手足四肢は脾土の支配するところです。
脾土の気が手足まで届かないと、手足は気虚となりだるくなります。
脾気をのびのびさせていないのは食べた物の冷気が陽気を閉じ込めて出さないからです。
冷たい食物を取り過ぎたことで脾気は弱くなり、中気不足から湿を化せず、湿は長引くと熱へと変わり湿熱が生じます。(脾虚湿熱)
こうして虚から生じた虚火は、火の性で上へと昇り(上衝)、肌が火照り、筋骨間が熱くなります。
冷たい食物を取らないようにする事はもちろん、既にある脾土の冷気をも取り去らなければなりません。
脾土に冷気があるという事は脾の陽気が不足しているという事です。(脾陽虚)
そこで脾陽を升挙させる升麻・葛根・独活・羌活・防風・柴胡のような軽いものを使って升陽させるのです。
脾陽が冷気を発散させてしまえば自然に胆経や三焦経の経気ものびのびと運行し始め、湿熱は下から排泄されます。
ただ湿熱だからといって短絡的に利尿剤や下剤や清熱剤を使ってはなりません。
劉渡舟医案:
1978年,筆者が香港で開業していた時のこと,弟が工場の仕事がきつくて身體をこわした。
あいにく天氣は酷熱の頃で,相当に冰凍之食品を食べてしまった。
當日の午後に發燒して帰宅した。
皮膚に觸ると異常なほど熱く,舌苔は薄白で滑,身體は疲備している。
初めは中暑だと誤認して,香需飲で表解しようとしたが效かず,晩になっても發燒は全然退かなかった。
その後、台北の林幼春醫師之處方を思い出し,東垣の升陽散火湯(*)に改めたらすぐに体が軽くなり、二日目の朝にはもう恢復して仕事に出て行った。
(*)升麻・葛根・独活・羌活・白芍・人参5 炙甘草・柴胡3 防風2.5 甘草2

|

« 白牛宣肺湯と喉源性咳嗽2 | Main | むくみ 春沢湯 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 足がほてって寝苦しい:

« 白牛宣肺湯と喉源性咳嗽2 | Main | むくみ 春沢湯 »