« 薬剤性パーキンソン症候群 | Main | ゲンノショウコ(現の証拠) »

中気理論と黄芽湯

今度の『中医臨床』v36-4 は実に読み応えがある。
 黄元御の中気理論では「昇降の源はすべて中央にある」「中気が虚衰して昇降作用に異常を来すことは万病の元である」として、 「中気が衰えれば昇降の道が塞がるので, 腎水は下降して冷え腎精が病み, 心火は燃え上がって精神が病み, 肝木は左側で鬱滞して血病になり, 肺金は右側で鬱滞して気病が起きる。精神が病めば驚き怯えて休まらず, 腎精が病めば遺精となり, 血が病めば凝結淤滞して流れなくなり, 気が病めば痞塞して宣布されない。四維(心肺肝腎)の病はすべて中気が原因である」、故に「中気治療には, 陽を重視し補火・培土・瀉水する」「病気を追い払い長生きするための方法としては, 中気を転運させ,清濁を元の位置に戻すことに勝るものはない」と考え、黄芽湯を創成した。
処方は人参・炙甘草・茯苓・乾姜から成るが,崇陽補火するために人参・乾姜を用い,培士泄水するために炙甘草・茯苓を用いたものである。 わずか4味ではあるが, 組み合わせが絶妙で、効果は適切かつ強力であり, 長く実践を経験したものでなければ考案できないものである。

黄芽湯は理中湯・四君子湯とよく似た処方構成です。
理中湯には「白朮・干姜」があり健脾温中する。
四君子湯には「白朮・茯苓」があり健脾滲湿養中する。
黄芽湯には「干姜・茯苓」があり温中滲湿(崇陽補火・培士泄水)する。
微妙な差ではあるが、そこには妥協を許さない弁証の厳しさがある。
黄芽湯《四聖心源》(人参三銭 炙甘草・茯苓・干姜二銭)
 其有心火上炎,荒悸煩乱,則加黄連、白芍以清心。
 腎水下寒,遺泄滑溏,則加附子、川椒以温腎。
 肝血左鬱,凝渋不行,則加桂枝、丹皮以舒肝。
 肺気右滞,痞悶不通,則加陳皮,杏仁以理肺。
[病例] 傅×,男, 60 歳。
口腔に多発性潰瘍が生じて 8 个月余になり,多くの医院で診治し,西薬を 50 余日間服したが無効で,その后 牛黄解毒片、六神丸、 六味地黄丸なども服薬したがどれも好転しなかった。
診ると患者の舌尖、舌辺、口腔 粘膜に大小多くの潰瘍があり,色白く周囲が紅暈で,灼熱疼痛する。
心煩,失眠,納和,食后腹脹,大便[シ唐],乏力,舌紅絳、苔剥脱,脈細数。
そこで上方に附子 12 克,白芍 10 克,黄連 6 克を加えた。
3 剤后に潰瘍は明らかに好転し,全部で 12 剤を服して愈えた。
※アフター性口内炎に 黄芽湯+黄連 の適応者が多いのではないかと思っています。

|

« 薬剤性パーキンソン症候群 | Main | ゲンノショウコ(現の証拠) »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中気理論と黄芽湯:

« 薬剤性パーキンソン症候群 | Main | ゲンノショウコ(現の証拠) »