« センブリ(当薬) | Main | 麻杏甘石湯は痔に効くか?(1) »

帯状疱疹後遺痛//益気活血去風止痛湯

これまでに何度もこれについては取り上げてきたが、いまひとつ適当な処方に当たらない。
本病の主因は正気不足(免疫力低下)ではあるが、後遺神経痛においては「余毒未尽、淤阻絡脈」が病機のキーとなっていると考えられる。
だから治療法は、正気を助けるのが主であるけれども、また「余毒を清除し,理気化淤通絡する」ことも忘れてはならない。
劉啓廷教授は益気活血去風止痛湯を考案し、帯状疱疹後遺神経痛を数十例治療し止痛効果を確認した。
益気活血去風止痛湯(黄耆・当帰・白芍10 地竜7 天麻・白附子5 全蝎・甘草3 蜈蚣1条)
【組方依拠】 年老体弱者では血虚肝旺、湿熱毒盛、気血凝滞を先ず考えなければならない。
故に方中の黄耆は正気を扶助し,去邪化淤するには欠かせない;
当帰、白芍は養血活血のため,また黄耆と合されば托毒外出の作用がある;
天麻は潤にして不燥,鎮痛作用が非常に顕著である(三叉神経痛、血管神経性頭痛、脳血管病頭痛、中毒性多発性神経炎などに);
白附子は天麻と合さると,去風解痙,通絡止痛の作用がある;
全蝎、蜈蚣は走竄の性ゆえ,通経達絡して至らざる処なく,息風鎮疼、攻毒散結、通絡止痛の作用がある;
地竜は通絡化痰など,これも淤を去って絡を通す;
【典型病例】
高某,女,53歳,2013年8月15日初診。
主訴:右脇肋部に帯状疱疹を発し三周になる。
これまでは竜胆瀉肝丸や外塗薬等で治療していた。
患者は消痩して,顔白く痛苦の面貌で,焼灼性の刺痛を訴え,焦躁不安,口干口苦,食欲不振,大便干結の様子。
舌質は紅く,苔は白,脈は細で無力。
舌脈および症候から,湿熱余毒未尽,日久化熱生毒,淤阻絡脈と辨証される。
治法は補気養血,解毒清熱,通絡止痛。
益気活血去風止痛湯加減(黄耆・当帰・白芍・板藍根10 地竜7 天麻・白附子・夏枯草5 全蝎・熟大黄・甘草3 蜈蚣1条)
二診(2013年8月26日):3剤を服用后に薬効が現れ,5剤后には痛みは半減し,10剤后には,七八割りが消え,情緒も改善し,食欲が恢復し,顔面が紅潤となり,大便が通暢し,疱疹の大多は消失し,部分的に点状結痂が残留しているだけとなった。
三診(2013年9月6日):疼痛は基本的に消失し,局部に蟻虫が咬むような癢痛感がある。
余毒が除かれたとはいえ,気血はまだ修復しなければならない。
処方:(黄耆・当帰・白芍・制首烏・滑石10 桂枝・枸杞子・山萸肉・陳皮5 半夏・甘草3)
【按】 帯状疱疹は“正虚邪蘊、復感毒邪”という本虚標実と考えられる。
発病の初期は湿熱が要であるが,後期は気滞血淤が主となる。
故に“本虚而標実”に対しては黄耆にて補気と化淤を,且つ虫類薬物の全蝎、蜈蚣を配伍して毒を以って毒を攻め,絡邪を捜剔する。
疱疹の新生に対しては板藍根、夏枯草を配して清熱解毒、消腫散結,疱疹の蔓延を杜絶する。

|

« センブリ(当薬) | Main | 麻杏甘石湯は痔に効くか?(1) »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帯状疱疹後遺痛//益気活血去風止痛湯:

« センブリ(当薬) | Main | 麻杏甘石湯は痔に効くか?(1) »