« July 2016 | Main | September 2016 »

麻黄湯証と鼻血

『傷寒論』の麻黄湯証には衄に関して三つの条文があります。
(46) 太陽病,脈浮緊,無汗,発熱,身疼痛,八九日不解,表証仍在,此当発其汗。服薬已微除,其人発煩目瞑,劇者必衄,衄乃解。所以然者,陽気重故也。麻黄湯主之。
(47) 太陽病,脈浮緊,発熱,身無汗,自衄者愈。
(55) 傷寒脈浮緊,不発汗,因致衄者,麻黄湯主之。
これを並べてみても今少し判然としない所がありました。
『わかる・使える漢方方剤学 (経方篇1)』小金井信宏著 の麻黄湯の部を読んで初めてよく納得が出来ました。
(47) で、太陽病が何もしないでも「自から衄する者は愈ゆ 」とは、衄が発汗の代用をしているとの意。
衄のことを“紅汗”とも云うと。
(55) は、せっかく汗の代わりに衄が出たのだけれど、やはり衄だけでは足りず、麻黄湯で補助してやらないとならない場合。
この辺の機序について説明しているのが(46) であること。
すなわち麻黄湯証の劇者には、麻黄湯でいくら発汗しても追いつかなくて、汗と衄の両方が出ることがあり、そういう時は(閉ざされた)陽気が重いのだから更に麻黄湯を続けよとの意。
『傷寒論』の条文の順序が必ずしも順番にはなっていない例ですね。
“寒邪”という邪の本体を発汗で出すのではなく、自らの閉ざされた“陽気”を発汗で開放するのが治癒機序です。
これでは麻黄湯がインフルエンザウィルスに抵抗するというエビデンスは出てきませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

去滓再煎法について

『わかる・使える漢方方剤学 (経方篇1)』小金井信宏著 の半夏瀉心湯の解説に、"去滓再煎"によって和胃作用を助長している、とあります。
これは《傷寒論》半夏瀉心湯の「右七味.以水一斗.煮取六升.去滓.再煎取三升.温服一升.日三服.」のことです。
そこで調べてみました。
なるほど《傷寒論》の中薬煎服法のひとつに“煮后去滓再煎”というのがあります。
すなわち煎じが終わってから薬渣を濾過で取り除いた後、再び濾液を加熱して濃縮する方法です。
《傷寒論》の中でこの方法を取っているのは次の7つの処方です。
半夏瀉心湯、生姜瀉心湯、甘草瀉心湯、旋覆代赭湯(この4処方は和解中焦・半上半下の枢機をつかさどる);小柴胡湯、大柴胡湯、柴胡桂枝干姜湯(この3処方は和解半表半裏・少陽の枢機をつかさどる)みな和解剤です。
和解剤には組方用薬上で共通点があります。
どれにもみな寒熱并用、攻補兼施により、和枢機・解鬱結の効果を上げようとしていることです。
再煎法は「和解と調和」の目的のための大切な手段な訳です。
※今までにこれを問題にした人はありませんが、きっと何かが科学的に証明される日が来ることと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰脾湯は深いですねー

帰脾湯の病機を論ずる時に、五行説から見ると「母の病が其子に伝わる」場合と「子の病が又能く母を虚せしめる」場合がある事に気が付く。
心の子は脾、脾の母は心。
過労から「心気虚」になったり、外傷出血などで「心血虚」になると、その影響が(子の)脾に伝われば脾陽が得られず脾は健運することができなくなる。
また憂思傷脾によって(子の)脾が病めば又能く(母の)心をも虚せしめる。(子が母の気を盗む)
いわゆる「心脾両虚」となる。
いずれの場合も脾から治療すれば心脾を共に救うことができる。
いわゆる「壮子益母」ということで、これが帰脾湯の「帰脾」の意味である。
『わかる・使える漢方方剤学 (時方篇)』小金井信宏著 の帰脾湯の解説では、宋代・厳用和《済生方》の帰脾湯はもともと「健忘や動悸」という「心気虚」や「心血虚」の治療を目的としていたとあります。
明代になり辟立斎がこれに当帰・遠志を加えて今日の帰脾湯の構成になり、「心腎交通」の意味を持たせたとのこと。
「心腎交通」といえば、「心腎不交」に対する治療法です。
心腎不交といえば、交泰丸や黄連阿膠湯などが思い浮かびますが、これに脾から治療をする帰脾湯が加わったことが進歩であるということ。
いろいろと帰脾湯は深いですねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

突発性難聴と漢方

突然片耳が聞こえにくくなる突発性難聴は未だに原因は不明とされています。
この度は『中医学ってなんだろう ①人間のしくみ』東洋学術出版社 2009年刊 小金井信宏著 を読んでいてひとつの回答を得ました。
肺の蔵象のひとつに「清気を取り入れ、清気を上部へ送る」というのがあります。
耳の聴力はこの清気を得てはじめて機能が発揮されます。
一般に耳といえば「腎の竅」という見方がされやすいところですが、突発性難聴という症状は突発性であるだけに腎とは別の視点から考えなければなりません。
突然この清気が上がってこない事態が起こると聴力に異常が起きます。
何故清気が上がってこないかというと、肺気の流れが止まって「肺気がこもっている」からです。
こもっている肺気を解放させれば清気は上昇して聴力が回復します。
『中医臨床備要』(秦伯未)に紹介されている桂香散※を使うことで肺気の流れを調えることができます。
その『中医臨床備要』には、‥‥‥風聾、猝聾は,外感風邪に由って引起される,調気開鬱することが必須である、と書かれています。
※(桂皮・川弓・当帰・細辛・菖蒲・木香・木通・白疾藜・麻黄・甘草2.5 南星・白止4 紫蘇1)34 葱二茎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歯ぎしりと漢方2

先に「歯ぎしりと漢方」の3例を紹介しましたが、この例は歯ぎしりの他に“心下痞満”などの中焦の症状があり、こちらに照準を合わせた治験でした。
この度は『傷寒名医験案精選』の芍薬甘草湯の項で「睡中齪歯」という治験例が出ているのを見ました。
こちらには中焦の症状はありません。

Continue reading "歯ぎしりと漢方2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »