« 去滓再煎法について | Main | 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? »

麻黄湯証と鼻血

『傷寒論』の麻黄湯証には衄に関して三つの条文があります。
(46) 太陽病,脈浮緊,無汗,発熱,身疼痛,八九日不解,表証仍在,此当発其汗。服薬已微除,其人発煩目瞑,劇者必衄,衄乃解。所以然者,陽気重故也。麻黄湯主之。
(47) 太陽病,脈浮緊,発熱,身無汗,自衄者愈。
(55) 傷寒脈浮緊,不発汗,因致衄者,麻黄湯主之。
これを並べてみても今少し判然としない所がありました。
『わかる・使える漢方方剤学 (経方篇1)』小金井信宏著 の麻黄湯の部を読んで初めてよく納得が出来ました。
(47) で、太陽病が何もしないでも「自から衄する者は愈ゆ 」とは、衄が発汗の代用をしているとの意。
衄のことを“紅汗”とも云うと。
(55) は、せっかく汗の代わりに衄が出たのだけれど、やはり衄だけでは足りず、麻黄湯で補助してやらないとならない場合。
この辺の機序について説明しているのが(46) であること。
すなわち麻黄湯証の劇者には、麻黄湯でいくら発汗しても追いつかなくて、汗と衄の両方が出ることがあり、そういう時は(閉ざされた)陽気が重いのだから更に麻黄湯を続けよとの意。
『傷寒論』の条文の順序が必ずしも順番にはなっていない例ですね。
“寒邪”という邪の本体を発汗で出すのではなく、自らの閉ざされた“陽気”を発汗で開放するのが治癒機序です。
これでは麻黄湯がインフルエンザウィルスに抵抗するというエビデンスは出てきませんね。

|

« 去滓再煎法について | Main | 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 麻黄湯証と鼻血:

« 去滓再煎法について | Main | 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? »