« 芍薬と排膿 | Main | 足の甲の腫れ »

心包=大脳皮膜説

『中医臨床』v37-3 通巻146号の中の「成都視察レポート」で陳潮祖老中医を訪ねたことが報告してあります。
陳潮祖といえば『中医治法与方剤』という著作が有名です。
その第5刷が出版されたというので亜東書店から早速買いました。
そこには臓腑病機についての詳しい病変図が載っており、“病機”ということを強くアピールしておられます。
この図だけでもたいしたものですが、他にも色々と斬新な説が載っているようです。
そのひとつに「心包=大脳皮膜説」があります。
「心包とは心の外包を指すものではなく、脳の外側を包み保護する膜を指している」
「少陽三焦の筋膜とは脳筋・脳膜の延展してきたものであり、手厥陰心包と手少陽三焦は表裏をなす」というものです。
こんな大胆な説は容易には納得がいきません。
これについては17年前にもnifty kampoforumで議論したことがありました。
それで今度もちょっと頭を悩ましたのですが、私も少しは進歩したのかネットで気の休まる記事を見つけて「さもあろう」と結論が出ました。
ネットの記事とは、「東洋医学概説」長濱善夫、著、創元社、1961年 に出てくるという
「心を包むと書かれていることから、現代的に解釈すると心臓を栄養している冠状動脈ではないかとか心臓を保護している膜(まく)ではないかとか色々なことが言われていますが、そんな解釈は不毛です。心包はあくまで心包で、そのまま理解するのが最良です。」の説明です。
中医学の理論とは、科学そのものではなく理論なのですから!

|

« 芍薬と排膿 | Main | 足の甲の腫れ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/64268989

Listed below are links to weblogs that reference 心包=大脳皮膜説:

« 芍薬と排膿 | Main | 足の甲の腫れ »