« 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? | Main | 紫雲膏の蜜蝋について2 »

遺尿(夜尿症)のまとめ

かつて「夜尿症 遺尿」に於いて四つの原因を挙げた。
(1)下元虚寒,腎気不足,
膀胱を温養することが出来ないと,膀胱の気化功能が失調して,閉蔵失調を起こし,水道を制約する事が出来ずに,遺尿となる;
(2)脾肺が気虚すると,膀胱は失約となり,小便自遺 或いは睡中に小便自出となる;
(3)肝経湿熱で,火熱が内迫すれば,遺尿となる;
(4)もし痰湿内蘊があれば,入睡后に昏睡状態(沈迷不醒)になり, いくら呼んでも応えず,遺尿する。
わが国では八味丸・六味丸・小建中湯・白虎加人参湯・葛根湯などがよく用いられている。
八味丸・六味丸は腎虚との見立てから、小建中湯は脾虚との見立てから、白虎加人参湯・葛根湯は意味不明。
中医学ではその他に肝経鬱熱による加味丹梔逍遥散や、湿熱による加減益胃湯の例も報告がある。
また「五苓散の解明」では(2)と関連する“気化不利”の例として五苓散加減を挙げた。
『わかる・使える漢方方剤学 (経方篇1)』小金井信宏著に於いても、同じく気化不利を病機とする例が挙げられていました。
脾虚湿困・気化失司と弁証し、五苓散+益智で治療しています。
気化不利をもう少し詳しく述べれば、
(1)尿を生成するための気化
(2)生成した尿を濃縮するための気化
があり、遺尿は(2)の段階での気化失司になります。
即ち睡眠中の縮尿ホルモンとの関連です。
注意しなければならないのは高学年生や成人の遺尿です。
これは「疏泄太過による小便失禁」になります。
病機は「陰血不足,肝木失養,疏泄太過」で芍薬甘草湯が選ばれるでしょう。

|

« 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? | Main | 紫雲膏の蜜蝋について2 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遺尿(夜尿症)のまとめ:

« 尿路結石は脾虚が本か、腎陰虚が本か? | Main | 紫雲膏の蜜蝋について2 »