« 紫雲膏の蜜蝋について2 | Main | 心包=大脳皮膜説 »

芍薬と排膿

排膿散に芍薬が入っているのは何故か?
排膿散は《金匱要略 瘡癰腸癰浸淫病》に出てくる処方ですが、方は有っても証が無いので理解が困難です。
排膿散方《金匱要略》(枳実十六枚 芍薬六分 桔梗二分 鶏子黄一枚)
私はかねがね排膿の意味と芍薬とが結びつかなくて、この処方に手が出ませんでした。
このたび『中薬の配合』丁光迪編著、小金井信宏訳 の「蝕瘡消腫」の項を読んでいたら、烏梅・芍薬・敗醤草・地楡・明礬・酢などに蝕瘡消腫の作用があると書かれており、アッと驚きました。
烏梅や敗醤草なら分かりますが、そこに芍薬が加わるとは知らなんだ。
その解説が、李時珍は「烏梅には、酸味による収斂作用の結果として、悪瘡や弩肉を治療する作用がある。」とある。
調べてみると『本草綱目』の原文は、次のようです。
 時珍曰∶烏梅、白梅所主諸病,皆取其酸収之義。其蝕悪瘡肉,雖是酸収,却有物理之妙。
何故、酸収と蝕瘡消腫の作用が結びつくのか?
「物理之妙」とは何なのか?
また鶏子黄(卵黄)を加える事には化膿を促進させるという意味が考えられる。
即ち悪瘡を早く解消するために「鶏子黄で補血し、芍薬で利血(膿は血肉の所化也)し、枳実で導水(消腫)し、桔梗で排膿する」という手順か?
それなら理解することができる。
いきなり「酸収には蝕瘡排膿の作用がある」と云われると面食らう。
排膿散は歯肉炎や霰粒腫への応用もさりながら、腸癰から大腸癌へと想いが及ぶのである。
1.《金匱要略心典》:枳実苦寒,除熱破滞為君,得芍薬則通血,得桔梗則利気,而尤頼鶏子黄之甘潤,以為排膿化毒之本也。
2.《古方選注》:排,斥也;膿,血肉所化也。枳実、赤芍佐以桔梗,直从大腸泄気破血,斥逐其膿。
3.《金匱要略釈義》:夫気行則水行,水行則膿尽,故排膿必用桔梗開利其気以行其水,并佐枳殻為之助;因膿由血化,故兼利血,而用芍薬;唯血既腐化而成膿,則去血必多,爰一面排膿以去其気分之実,而用鶏子黄以補其血分之虚。
  4.《金匱要略方論集注》:是方芍薬行血分之滞而不傷陰,桔梗利気分之結而不損陽,枳実導水以消腫,鶏子黄調胃以護心安神。尤為排膿之良剤也。

|

« 紫雲膏の蜜蝋について2 | Main | 心包=大脳皮膜説 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芍薬と排膿:

« 紫雲膏の蜜蝋について2 | Main | 心包=大脳皮膜説 »