« しつこい咳嗽の経験2 | Main | 膀胱癌 »

昇降散

柴葛解肌湯について2」2014.03.08 において、昭和46年に産後の妻を襲ったマラリヤのような劇症の外感について考察しました。
そしてあの時は柴葛解肌湯《傷寒六書》が適方ではなかったか?と書きました。
このたび『中薬の配合』丁光迪編著、小金井信宏訳 を読み進むうちにまた大きなヒントを得ました。
いやあの時の適方は昇降散《傷寒温疫条弁》(白僵蚕6 蝉脱3 姜黄9 生大黄12;共研細末,分2~4次服,用黄酒,蜂蜜調均冷服。中病即止。)であったかも知れないと。
『中薬の配合』の昇降浮沈の配薬のところで「昇降相因」という方法が紹介されていて、昇降散は温疫熱毒の憎寒壮熱に用いています。
マラリヤのような憎寒壮熱になるのは熱毒が内鬱し、営気や脈絡を滞らせるためです。
朱丹渓は、様々な病気の元になる鬱はみな中焦で起こり、それは「上昇すべきものが上昇せず、下降すべきものが下降せず、変化すべきものが変化しない状態である。これを伝化失調といい、六鬱の病のもとである。」と考え、治療法は昇降中焦を柱としました。
昇降散の白僵蚕(君)は味が辛苦で気は薄であり、軽浮で上昇作用があり、風湿を除き、清熱解鬱し、あらゆる怫鬱の邪気を退ける。
蝉衣(臣)は上昇して滌熱解毒し、この二つの薬味で陽中の清陽を上昇させる。
大黄(使)、姜黄(佐)は蕩積行瘀・清邪熱・解温毒をなし、陰中の濁陰を降す。
さらに黄酒によって全身をめぐり、邪悪なものを征伐し、蜂蜜によって解毒する。
一昇一降によって、陽昇陰降・内外通和することによって温病の表裏三焦の熱は全清する。
楊栗山はまた昇降散の別名を(表裏)双解散と云っている。
この解説を読んでやっと納得の出来る処方に到達できたと思いました。
あの時、大黄を飲ませたり浣腸したりしたのは間違いではなかったのだと安堵しました。

|

« しつこい咳嗽の経験2 | Main | 膀胱癌 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昇降散:

« しつこい咳嗽の経験2 | Main | 膀胱癌 »