« 口がベタベタする | Main | 補腎は補脾に及ばない »

八綱について

『中医臨床』通巻146号(Vol.37-No.3)の【インタビュー】八綱弁証の再考を(吉冨誠)の記事において氏は「現代中医学は,基本概念である八綱弁証,特に陰陽と虚実に問題を抱えている」と強調しておられます。
その趣旨は「陰陽は他の六綱の総綱であるというが、総綱とは何なのか?八綱弁証は治療の総則としては中途半端で不十分である。だから一般には八綱弁証をせずにいきなり臓腑弁証や気血弁証を始めているのではないか。」
それについて私はいささかの弁護をしたい。
八綱のトップである陰陽とは、部位(表裏・内外・上下・背腹)・臓腑・気血・寒熱・虚実・機能と物質などの属性を示す総綱である。
他の六綱(表裏・寒熱・虚実)とは内容がだぶっている。
「陰陽・表裏・寒熱・虚実」をもって八綱というから、では陰陽とは何を指すのか?という混乱が起きる。
たしかにその通りですが、陰陽という用語を省くとこれまた不都合ではありませんか?
陰陽という用語をもってしか表現できない意味内容もあるのではないでしょうか?
特に六経病理における「太陽(表陽)・少陰(表陰)・陽明(裏陽)・太陰(裏陰)・少陽(半表半裏の陽証)・厥陰(半表半裏の陰証)」や陰陽の対立消長・相互転化・無限可分性・相対性の意味などは陰陽をもってしか表せないのではないでしょうか?
だから八綱というものを固苦しく定義せず、曖昧性のままに使っていけばいいと思うのです。
なにしろ計り知れないほど大きな歴史と文化を持つ中国という大国の医学なのですから。

|

« 口がベタベタする | Main | 補腎は補脾に及ばない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八綱について:

« 口がベタベタする | Main | 補腎は補脾に及ばない »