« 当帰六黄湯(補) | Main | 認知症と漢方3 »

瓜呂(栝楼)について

生薬の瓜呂(キカラスウリ)には、瓜呂仁・瓜呂実(全瓜呂)・瓜呂皮・瓜呂根(天花粉)の四つがある。
我が国の漢方製剤で使われているのはこの内の瓜呂仁(小陥胸湯・柴陥湯に)と瓜呂根(柴胡桂枝干姜湯に)であり、瓜呂実・瓜呂皮は使われていない。
しかし中医学では四つともに各々の使い分けがされており、効能は次のようになっている。
祛痰作用‥‥‥瓜呂皮
瀉下作用‥‥‥瓜呂仁
冠血管拡張作用‥‥‥瓜呂皮>瓜呂仁>瓜呂実
ここで注意したいのは瓜呂皮が市販に無いこともあり、使われていない事です。
粘痰を切るのに瓜呂皮を使いたくともこれが無いので瓜呂仁で代用するという事になるのだがこれを指摘する人は居ない。
瓜呂実についても、この度は『中医臨床』v37-4 の丁元慶師の「帯状疱疹後神経痛の治療」の記事において大栝楼散の解説に次のような文を見つけた。
『重慶堂随筆』には、「栝楼実に潤燥開結・蕩熱滌痰の作用があることはよく知られているが、舒肝鬱・潤肝燥・平肝逆・緩肝急の作用において独壇場を誇ることはあまり知られていない」と記されている。清熱解毒・化痰通絡・柔肝緩急の作用があり、痰熱・湿熱・熱毒が籠って滞っている病症の治療に長けている。
こういう訳で瓜呂皮も瓜呂実も市場に流通することが待たれる。

|

« 当帰六黄湯(補) | Main | 認知症と漢方3 »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瓜呂(栝楼)について:

« 当帰六黄湯(補) | Main | 認知症と漢方3 »