« 当帰六黄湯 | Main | 瓜呂(栝楼)について »

当帰六黄湯(補)

重大な説明不足がありましたので補足をします。先の記事で
胃気は熱し,熱気は胸中に熏ずる,故に内熱(※熱中のことか)と曰う。
において、この熱というのは元気虚によって生じた“陰火”の上乗であると認識しなければなりません。
『中薬の配合』の本文は次のように続きます。
この盗汗という病証の本は元気虚※で、陰火上乗は標となります。また盗汗によって陰血も損傷しています。そこで当帰六黄湯では,当帰に倍量の黄耆を合わせ,益気生血作用をもたせています。これは陽が生じれば陰も長じるという法則に沿って,本を治療する用薬法です。用量としては黄耆を多く使っていますが,実際の主薬は当帰となります。方剤名が当帰となっているのも,この理由によるものです。
黄耆を使用する意味については
当帰六黄湯については『医宗金鑑』も,すぐれた見解を示しています。 同書は「愚かな者は,寒薬に黄耆を合わせていることの意味を知らずにいる。この方剤は寒薬を多く含むが,陽気の盛んな者に使うことはできない。ここにこの方剤の妙味が隠されているのである。この病証は,営虚によって汗が出るというものである。すると発汗に伴って衛気も虚すことに なる。つまり,陰における陽の問題なのである。倍量の黄耆には,表虚を補益する作用のほかに,陰を固定する作用もあるのである。
まとめますと「熱中」による病証ということは、これが陰火であり、脾胃はすでに弱っているという意味が含まれている。
※李東垣のいう元気とは胃気のことです。

|

« 当帰六黄湯 | Main | 瓜呂(栝楼)について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 当帰六黄湯(補):

« 当帰六黄湯 | Main | 瓜呂(栝楼)について »