« 赤芍・白芍の区別 | Main | 経方雑談 2麻黄湯 »

経方雑談 1桂枝湯

藤田康介さんのツィッターで紹介された708冊の中医学(中国伝統医学)の古典文献検索ができるサイトから面白いのを見つけました。
経方雑談  作者:現代 · 黄煌
桂枝、芍薬の等量と,姜棗甘草を微火にて煮る;解肌発表して営衛を調えれば,中風の表虚は自ずから汗が出る。
       桂枝湯は古代の補益剤である。是れは寒冷、饑餓、極度疲労、精神緊張を経過した后で,患者が自汗、心悸、腹痛、脈弱等を出現した情況下で,均しく使用が出来る。
張仲景の時代は兵馬荒乱の年代で,戦場から帰って来た兵士や,命からがら逃れてきた疲れた難民には,桂枝湯が最適だった。
大量の出汗を経過し,已に何日間も正常な食事と休息が無く,一日中極度の驚恐の中に在り,いわば風餐露宿と、饑寒交迫で,人々は憔悴し,消痩していた。
強烈な驚恐から心は動悸し、烘熱を発し,饑餓からは干嘔したり、腹部がしくしくと隠痛を発したり,反復する出汗から全身肌肉は酸痛させられ,寒冷刺激からは又鼻流清涕や、関節痛や、悪風に見舞われた。
これはまさに桂枝湯の証である。
桂枝湯の薬物はみな食物性の中薬である。
甘草、生姜、大棗、桂枝、芍薬は,あたかも今日の酸辣湯である。
先ず一碗を喝し,然る后に熱気騰騰たる糜粥を喝し,布団を被って,ぐっすり睡る……。
病人は自然と微微に出汗を得,醒めた后には,多くの症状は必ずや減軽しているだろう。
これが桂枝湯の魅力である。
桂枝湯は発汗剤ではない,病人が服薬后に出す汗は,個体の各種調節機能が恢復した標志であり,中医的に云えば,熱粥の“穀物の気”が患者の“胃気”に加わり交融した結果である,是れは“営衛の気が和諧した”結果であり,体内の陰陽平衡の結果である。

|

« 赤芍・白芍の区別 | Main | 経方雑談 2麻黄湯 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経方雑談 1桂枝湯:

« 赤芍・白芍の区別 | Main | 経方雑談 2麻黄湯 »