« 室女病 | Main | 経方雑談 4小柴胡湯 »

経方雑談 3小青竜湯

3小青竜湯
解表蠲飲の小青竜は,麻桂姜辛夏草よりなり;芍薬五味は気陰を収斂し,表寒内飲に最も有功なり。
“咳”“喘”“痰稀”を主訴とする呼吸系統疾病に対して,確かに名医が手中にする切り札です。
また過敏性鼻炎でも大量の清稀な分泌物を流し,頻繁な噴嚏を伴う。
症状を比べれば,鼻涕類は痰と似ており,噴嚏類は咳と似ているので,同様に本方の運用に適合する。
“水っぽい鼻水のような痰を、治水を担う青竜が解消する”というわけです。
体内の組織中に停留した水分過多が人体に有効に利用されないために,“或渇”となり;同時に消化道の水腫を併発し,胃や食道の水腫を発して“或噎”となり;腸道の水腫からは寒冷刺激を受けて発する“或利”が追加され;腎臓から排出される水分減少を経て,“或小便不利”となり;病情がさらに一歩進んで重くなれば腹水を発して“少腹満”を現し;心衰不能(心不全)で血液の酸素レベルが下降し肺に十分な血液を送り出すことができなくなると“或喘”となる。
これらはすべて一つの原因から説明される。
 本方は全体的に温熱薬物を用いており,“痰飲を病む者は,温薬にて之を和すべし”という精神に一致する。
方は八味だが,核心の薬物は“姜、辛、味”に過ぎない。
なお本方は老慢支の根治薬として久服することは出来ない,一旦病情が緩解すれば,すぐに苓甘類方に改めて后を継がなければ,温熱薬は必ずや容易に諸々の多くの変証を引起すると,《金匱要略》には多くの記載がある。
老慢支は大変根治が難しく,“温薬にて之を和す”という意味合いは深い。
青竜が能く治水するとは,また能く人を傷つけると記憶すべきである。

|

« 室女病 | Main | 経方雑談 4小柴胡湯 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/64802993

Listed below are links to weblogs that reference 経方雑談 3小青竜湯:

« 室女病 | Main | 経方雑談 4小柴胡湯 »