« December 2016 | Main | February 2017 »

八味丸証の臍下不仁とは何か?

「八味丸の証で最も特徴的なのは臍下不仁と呼ばれる腹証です。これはヘソの下の下腹部がふにゃふにゃとやわらかい、無力である、また、上腹部よりも下腹部のほうがさわったときの感覚が鈍いという意味です。あおむけに寝て、指先で下腹部を押して無力なら、臍下不仁で八味丸が適した証といえます。」
これが世間に流通している大塚敬節氏をはじめ多くの人達が広めた説です。
臍下不仁は、臍下が脱力して軟弱無力で、甚だしい場合は、この部分が陥没している。古人が腎虚と呼んだ場合に見られる腹証で八味丸を用いる目標である。ところで八味丸の腹証は、この臍下不仁だけでなく、小腹拘急がある。
《金匱要略》卷上 中風歴節病脈証并治第五 崔氏八味丸 治脚気上入,少腹不仁。
これが原本の記載であり、少腹不仁となる原因は「脚気上入」があるからです。
《金匱要略》第六篇第十五条 虚労腰痛,少腹拘急,小便不利者,八味腎気丸主之。
脚気は小便不利のため腹が張って少腹拘急を呈しますから「臍下不仁と小腹拘急,小便不利は併存する」状況です。
《金匱要略》第二十二篇第十九条 婦人病飲食如故,煩熱不得臥,而反倚息者,何也? 師曰:此名転胞,不得溺也,以胞系了戻,故致此病,但利小便則愈,宜腎気丸主之。
さらに脚気のみならず転胞という不得溺をも治療の対象にしているのですから、双方とも同じ病機なのです。
『中薬の配合』丁光迪編著、小金井信宏訳 の解説は次のようになっています。
脚気とは陰邪(風湿または水毒)に属する病証です。少腹部の不仁とは , 脚気が上行して心を侵そうとしている状況です。補腎丸はここでは,補腎化気作用・温陽作用で陰邪を解消するために使われています。これは,のちに「通陽泄濁法」と呼ばれるようになった治療法です。陰邪を下行させ,陽気が回復すれば,脚気が上行するような事態は起こらなくなります。
つまり、脚気の小便不利は八味丸の通陽泄濁法によって解消し、臍下不仁および小腹拘急も無くなるのです。
これは八味丸を単なる補腎剤ではなく、気化作用もある「補+通」の作用をもつ構造であると指摘しています。
よく八味丸の構成は三補三瀉であるといいますが、三瀉こそが「通」の作用を担っています。
そして腎気丸の特徴は, 補腎を行う際に「」を重視している点にあります。また少陰の臓である腎には「」という機能があります。
例えば,虚労による腰痛・少腹部の拘急・小便不利という症候は,腎気虚によって腎の気化機能が失調している状況です。つまり開合機能のうちの開に問題があります。ここに補腎化気作用のある薬を使うと,下焦の開合機能は回復し, 正常な排尿がみられるようになります。また気化機能が回復し,陽気が正常に運行するようになれば,腰痛や少腹部の拘急も解消します。
このような正鵠を射た解説は今までに見た事がない、まったく目から鱗です。
ちなみにこんなのもあります。
“臍下拘急して、之を撫するも知らず。此れ所謂不仁也”《腹診配剤録》
「不仁」はこれ水の病なり《薬徴》
なお「合」とは,五臓六腑の精を蔵する機能,つまり固精納気機能を指しています。「開」とは,化気利水機能・通二便機能を指しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八味丸は胃腸の弱い人には不向きか?

「熟地黄が胃にもたれるという理由で、八味丸は胃腸が弱い人には使えない」というのが一般に流通している情報ではないかと思います。
しかし、『中薬の配合』丁光迪編著、小金井信宏訳 の解説には「八味丸は,君薬である地黄に,‥‥‥補気を兼ねた方剤である」と述べています 。
何故かというと、
腎気丸での桂・附には,少火を生むことで,腎気を生み出す作用があるのです。補陰薬の中に肉桂(桂枝)・附子が加えられていますが ,その用量は 1 / 10 にも達しません。これは桂・附を使う目的が,危急な回陽にあるのではなく,ゆっくりと火を起こすことにあるからです。経は「少火は気を生む」と述べています。
腎気丸は, 命門火衰によって脾胃虚寒が生じたことによる,食欲不振・軟便などの症候を治療することもできます。これは中焦の運行が失調し,水穀の不化,清濁の流通の異常が起こっている病証です。少火の生気作用によって陽気を回復させ,中運を正常化すれば,昇清降濁も正しく行 われるようになります。これが「補火生土」と呼ばれる治療法です。脾腎虚弱の諸症に,広く応用することができます。これは腎を補益することで虚労を治療する方法を,中焦の病変に応用したものです。中焦病を治療する高度な方法といえます 。
さて、あなたはどう思いますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空腹感はあっても食欲がないとは?

「めまいがして,空腹感はあっても食欲がなく,顔が黄色く艷がない」という人がいます。
脾気虚弱で食欲がないと気血が不足し,肝が営養を失い,「肝臓風虚」証として肝風(めまい)が起こります。
これは肝脾两虚による虚風です。
では「空腹感はあっても」とは何を意味しているのか?
それは「胃津が不足している」からです。
されば先ず脾気虚を補い、同時に胃陰を補えば肝風はもう殆ど治療しなくても良いほどになる。
ここに登場するのが培土寧風湯《王旭高医書》です。
処方:人参,炙甘草,大棗,小麦,麦門冬,白芍,玉竹,橘餅,甘菊
肝風に対する新しい治療法として葉天士や王旭高,近年では蒲輔周氏がこの手法を多用したと『中薬の配合』の熄風安神剤の項に紹介してあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小腹冷(インポ)

《霊枢。本輸篇》説:“少陽属腎,腎上連肺,故将両臓。”
この部分は何度読んでも意味不明です。後に続く文章から推察するしかありません。どうやら作者の朱進忠は、少陽三焦は中涜之府として経絡的には肺と腎の両臓を将(ひきいる)る位置にあり、津液を運輸しているのだが、この三焦はまた肝気の上昇の勢いを得なければそれは完成しない、という事を云いたかったのではないでしょうか。
心火は上に居るが,不断に腎水と下交しており,腎は火の助けを得て陽気が旺んになる;腎水は下に居るが,不断に上升して肺心を滋し,心火は腎水の滋養を得ている。
若し肝気不疏なれば,三焦は鬱滞し,心火は腎水と下交できず,腎水は心火を上滋できず,されば下焦は寒さ甚しく,上焦は火炎のごとし,だからといって火を補っても,冰炭ともなればすぐには温まらない;かといって其の火を清すれば寒は更に甚しくなる,因って此れには必ず疏肝気,理三焦,交心腎をしてこそ,はじめて上焦の火は下降して下焦の寒冷が消失することが出来る。
例:焦××,男,成。
小腹冰冷すること7~8年,前医は大剤の附、桂、硫黄、干姜、小茴、大茴、沈香、荜茇、良姜の剤を数年與えたが無効だった。
細かく其の証を視ると:頭暈心煩,口苦咽干,脈は弦滑である。
柴胡加竜骨牡蛎湯去鉛丹を,6剤與えた后,腹冷は頓消し,20剤にして愈えた。
例:郝××,男,25歳。
少腹、陰茎冰冷すること4年以上,陽痿になって2年以上になる,前医は温腎壮陽の剤を200剤以上,丸剤数百丸を與えるも無効だった。
細かく其の証を視ると,心煩心悸,便秘尿赤,面赤く神あり,口苦苔黄,脈は沈弦である。
柴胡加竜骨牡蛎湯(柴胡・半夏・黄岑・党参・桂枝・茯苓3 干姜・大黄1 甘草2 大棗7 竜骨・牡蛎5)39
3剤にして諸証は大いに減じ,少腹は温和となり,20剤にして諸証は消失して愈えた。
 ※下腹冷に対する意外な弁証である。インポ解消のわけを語っているか。
例:郭××,男,40歳。
五年来の遺精が,2~3日に一回ある,時には連続して4~5日の昼、夜ともに遺精し,小腹や陰茎は冰冷のごとく,頭暈失眠,胸脅苦満,時には竄痛し,四肢は厥冷し,疲乏無力となるに,前医は温腎の剤を出したが遺精は加重するばかりだったし,固渋の剤を加えると煩躁するだけだった。
招かれて余が診視すると,舌苔は黄白で,脈は沈弦であり,且つ補益固渋を服しても無功だったのだから,すぐに苦辛通降の剤を與えなければならない、補瀉同施、疏理三焦、交通心腎の柴胡加竜骨牡蛎湯去鉛丹加甘草花粉方を,10剤にして諸証は減じ,80剤にして諸証は除かれて愈えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経方雑談 44温経湯

44温経湯

温経湯用萸桂芎,帰芍丹皮姜夏冬;参草阿膠調気血,調経重在暖胞宮。
  経湯は十二味薬から組成され,経方中でも大方と考えられます。
この方は一見雑乱に見えて,仔細に分析すると,規律正しく組み立てられている。
これには当帰四逆加呉茱萸生姜湯去細辛、通草、大棗が包含され;膠艾湯去地黄、艾葉が包含され;桂枝茯苓丸去桃仁、茯苓が包含され;麦門冬湯去粳米、大棗が包含され;さらに1/2の当帰芍薬散が包含されている。
温経湯証には当帰四逆加呉茱萸生姜湯的な“内有久寒”証があり;膠艾湯的な下血証があり;桂枝茯苓丸的な淤血証があり;麦門冬湯的な“火逆上気”証があり;さらに当帰芍薬散的な血虚証がある(但し水停証は無い)。
病変は血分にあり,血虚,血淤,さらに血燥津枯があり,下には寒冷が,又上には火熱がある。
この錯雑の証に対して,“マルチターゲット”的な作用がある。
月水過多を治すと同時に,また月水至期不来を治すという,双方向調整作用がある。
現在は,更年期功能性子宮出血の治療に多用されるが、著者(黄煌)は此の方に鹿角膠を加えて少女の閉経、経少を治療している。
青春期の月経量少或いは無月経には,子宮発育不良及び内分泌失調を考慮しなければならない。
それで我々は本方を“子宮発育促進剤”、“子宮機能衰弱の刺激剤”と称している。
“調経には胞宮を暖めることが重要である”,それが温経湯という方名なのです。
 ※実のところ私はこの処方が不得手でした。なんだかメチャクチャの構成のような気がして。でもこれで少しは好きになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経方雑談 4小柴胡湯

小柴胡湯は和解剤として少陽病の治療に用いられていますが,では一体 少陽病とは何でしょうか?
少陽病の特徴は「纒綿として不愈」であり,この状況は免疫系統の機能失調によるところが大きい。
実際,小柴胡湯治療の疾病はみな免疫失調と関係がある。
たとえば類風湿性関節炎、強直性脊柱炎、系統性紅斑狼瘡、腫瘤、過敏性疾病や病毒感染等々です。
 “胸脇苦満”とは小柴胡湯証のもう一つの表現で、“胸脇”とは小柴胡湯が主治する病位です。
肝、胆、胰腺、肺、胸膜、乳房等の疾病はたいてい胸脇不適を表現します。
ただ胸脇の概念は広く,甲状腺、胸鎖乳突肌、耳介側頭部等の頭頚部の両側,少腹部、脚の付け根等もみな広義の胸脇で,我々は“柴胡帯”と称しています。
 “心煩喜嘔,黙黙不欲飲食”とは疾病が胃腸に及び,“煩”、“喜”、“黙黙”という言葉は感情の色彩を帯びており,患者の主観や情緒を反映している。
これについては百合病との鑑別をしなければならない。
 小柴胡湯には治療上の合理的な配伍構造があります。
方中の柴胡・甘草は寒熱往来と胸脇苦満を主治し,黄岑は心煩を主治し,半夏・生姜は喜嘔を主治し,人参、甘草、大棗は黙黙不欲飲食を主治します。
其の中でも柴胡と甘草は本方の核心成分であることが,方后の加減の条文から分かります。
黄岑は去ることが出来,半夏は去ることが出来,人参、大棗、生姜は去ることが出来るが,柴胡と甘草だけは去ることが出来ない。
 上述の“寒熱往来”、 “胸脇苦満”、 “心煩喜嘔”と“黙黙不欲飲食”は小柴胡湯の四大主証であり,我々は“小柴胡綜合象”と呼んでいます。
これは中国古代の先賢が発見した症候群で,外部的素因とともに内的体質の特異性をも示しているので我々は“柴胡体質”と称しています。
其の特徴とは:体型が中等か偏痩,面色が微暗黄か青黄色か青白色で,光沢が乏しい。
肌肉は比較的堅緊,舌質は淡胖ではなく,舌苔は正常か偏干。
また小さくて細い眼をしている事が多い(柴胡眼)。
小柴胡湯使用の着眼点が“証”でもなく,“病”でもないのを見れば;“病”と“人”を結ぶ特定体質の“人”であることが面白い。
かつて流行した“SARS”も,いわば免疫系統の侵犯であり,胸脇苦満的な表現は似ているので,必然的に本方を基礎とした加減方が考えられる。
たとえば《蘇沈良方》の記載がある:“元祐二年(1087),流行病で老いも若きも皆咳をしたのに,本方(即小柴胡湯)去人参、大棗、生姜,加五味、干姜各半両,これを服して皆愈えた”。
病毒性肝炎に対しても,小柴胡湯は天然のインターフェロンであり,猪苓茯苓を加えれば中薬的な“B型肝炎ワクチン”である;胃癌、淋巴瘤等の腫瘤に対しても,小柴胡湯は中薬的な胸腺ホルモンのチモシンやがんを攻撃するインターロイキン-2である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経方雑談 3小青竜湯

3小青竜湯
解表蠲飲の小青竜は,麻桂姜辛夏草よりなり;芍薬五味は気陰を収斂し,表寒内飲に最も有功なり。
“咳”“喘”“痰稀”を主訴とする呼吸系統疾病に対して,確かに名医が手中にする切り札です。
また過敏性鼻炎でも大量の清稀な分泌物を流し,頻繁な噴嚏を伴う。
症状を比べれば,鼻涕類は痰と似ており,噴嚏類は咳と似ているので,同様に本方の運用に適合する。
“水っぽい鼻水のような痰を、治水を担う青竜が解消する”というわけです。
体内の組織中に停留した水分過多が人体に有効に利用されないために,“或渇”となり;同時に消化道の水腫を併発し,胃や食道の水腫を発して“或噎”となり;腸道の水腫からは寒冷刺激を受けて発する“或利”が追加され;腎臓から排出される水分減少を経て,“或小便不利”となり;病情がさらに一歩進んで重くなれば腹水を発して“少腹満”を現し;心衰不能(心不全)で血液の酸素レベルが下降し肺に十分な血液を送り出すことができなくなると“或喘”となる。
これらはすべて一つの原因から説明される。
 本方は全体的に温熱薬物を用いており,“痰飲を病む者は,温薬にて之を和すべし”という精神に一致する。
方は八味だが,核心の薬物は“姜、辛、味”に過ぎない。
なお本方は老慢支の根治薬として久服することは出来ない,一旦病情が緩解すれば,すぐに苓甘類方に改めて后を継がなければ,温熱薬は必ずや容易に諸々の多くの変証を引起すると,《金匱要略》には多くの記載がある。
老慢支は大変根治が難しく,“温薬にて之を和す”という意味合いは深い。
青竜が能く治水するとは,また能く人を傷つけると記憶すべきである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

室女病

平地治美の漢方ブログ に「セックスレスと室女病」という記事があり、
室女病は、別名「独身病」ともいわれますが、未婚の女性だけでなく、寡婦(未亡人)や尼僧、つまり男性と性行為をしない女性にみられる病だったそうです。
江戸時代の名医・香月牛山の「牛山活套」にも室女に関する記載が多くあります。
・婦人室女・寡婦・尼の類は七情の気、鬱しやすし
・室女は其病多くは気鬱より発するなれば鬱を開き気を順(めぐ)らすべし
・寡婦は其病欲鬱して気順(めぐ)らざるより発するもの多し
・室女寡婦の思想叶わず、或いは婦人の男に得られず、、、必ず気鬱して骨蒸労咳となる
韓国ドラマの許浚(ホジュン)にもこの室女病のシーンが出てきます。
このドラマの中でずっと独身だった医女・ホンチュンが原因不明の高熱が出る病気になります。
(以下にホジュンの台詞を引用します)
男は精気が旺盛なら女を思い、女は陰が成長すれば胎児を求めるものです。
独り身が長いと陰だけが盛し陽がないので陽と接したくてもできずに葛藤し体の中で陰陽が争い、熱が出ます。
ここで使われたのが次の処方でした。
柴胡抑肝湯 《医学入門》(柴胡7.5 赤芍・牡丹皮4.5 青皮6 連翹・生地1.5 地骨皮・香附子・蒼朮・山梔子3 川弓2.1 甘草0.9 神曲2.4)42.9
功効:疏肝開鬱,散結気結血,凉心啓脾,凉血退熱。
主治:鬱悶不舒,心火頻熾,悪風体倦,乍寒乍冷,面赤心煩,自汗等症。主寡居独陰,寒熱類瘧者。
(ちなみに婦人崩注に用いる 柴胡抑肝散 ではありません)
急性肝炎などに使えそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経方雑談 2麻黄湯

2麻黄湯

麻黄湯に用いるのは桂枝,杏仁甘草の四つで;発汗解表して肺気を宣発するので,傷寒の表実無汗に宜しい。
麻黄湯は発汗剤であるが,これは比較的安全な発汗剤である。
温服の后,続いて心跳が劇しくなり,全身の発熱が始まり,皮膚は湿潤し始め,ついには,淋漓として大発汗することが出来ます。
この大発汗が来ると,最初の“体が燔炭の若く熱し”から変じて“脈静で身凉”となり,最初の“無汗にして喘し”から心平気和に変じ,最初の“骨節疼痛し”から渾身舒坦に変る。
麻黄は,もとより麻黄湯の中の主要薬物で,これには強烈な発汗作用が有ると同時に,心拍数の増加につながり,甚しくなると“其の人叉手して自ら心を冒し,心下は悸し,按ずるを得んと欲す”的な情況を出現するか,或いは“気が少腹より上って衝心する”が如き症状に至る。
此れに対しては,張仲景には自らの辧法(解除法)が有ります,それは桂枝甘草湯を服用することです。
桂枝四両、甘草二両,この両味の薬物には定悸の作用が備わっています。
そういう麻黄湯の中には桂枝甘草があって麻黄の発汗動悸作用の預防作用に対応している。
そう,麻黄湯は安全な発汗薬なのです。
但し,教科書では麻黄は桂枝を配して発汗するのであり,麻黄に桂枝が無ければ発汗作用は無いとしているが,それは疑わしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経方雑談 1桂枝湯

藤田康介さんのツィッターで紹介された708冊の中医学(中国伝統医学)の古典文献検索ができるサイトから面白いのを見つけました。
経方雑談  作者:現代 · 黄煌
桂枝、芍薬の等量と,姜棗甘草を微火にて煮る;解肌発表して営衛を調えれば,中風の表虚は自ずから汗が出る。
       桂枝湯は古代の補益剤である。是れは寒冷、饑餓、極度疲労、精神緊張を経過した后で,患者が自汗、心悸、腹痛、脈弱等を出現した情況下で,均しく使用が出来る。
張仲景の時代は兵馬荒乱の年代で,戦場から帰って来た兵士や,命からがら逃れてきた疲れた難民には,桂枝湯が最適だった。
大量の出汗を経過し,已に何日間も正常な食事と休息が無く,一日中極度の驚恐の中に在り,いわば風餐露宿と、饑寒交迫で,人々は憔悴し,消痩していた。
強烈な驚恐から心は動悸し、烘熱を発し,饑餓からは干嘔したり、腹部がしくしくと隠痛を発したり,反復する出汗から全身肌肉は酸痛させられ,寒冷刺激からは又鼻流清涕や、関節痛や、悪風に見舞われた。
これはまさに桂枝湯の証である。
桂枝湯の薬物はみな食物性の中薬である。
甘草、生姜、大棗、桂枝、芍薬は,あたかも今日の酸辣湯である。
先ず一碗を喝し,然る后に熱気騰騰たる糜粥を喝し,布団を被って,ぐっすり睡る……。
病人は自然と微微に出汗を得,醒めた后には,多くの症状は必ずや減軽しているだろう。
これが桂枝湯の魅力である。
桂枝湯は発汗剤ではない,病人が服薬后に出す汗は,個体の各種調節機能が恢復した標志であり,中医的に云えば,熱粥の“穀物の気”が患者の“胃気”に加わり交融した結果である,是れは“営衛の気が和諧した”結果であり,体内の陰陽平衡の結果である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤芍・白芍の区別

ウチダの『和漢薬No.764』に収載された「生薬の品質評価」に関する富山大学和漢医薬学総合研究所の報告を読み、赤芍・白芍についての理解が少し深まりました。
従来から両者の違いは「外皮の有無」「栽培・野生の別」「根の色・花の色の違い」など諸説がありました。
しかしどれも確定的なものではありませんでした。
今回の報告ではかなり信頼できる区別がなされています。
市場に流通する芍薬(Paeonia 属)には (1) 四川省以外の中国および日本の白芍 P.lactiflora と (2) 四川省産の赤芍 P.veitchii があり、主成分はどちらも Paeoniflorin でも、(1) は 2%、(2) は 6~7% と含量が異なるのが決定的な相違である事が分かった。
今後は成分定量によって赤白の区別をつけるのが科学的といえる。
そこで「富山県ブランド芍薬」栽培の目的のために、入手した76品種の園芸用シャクヤクを分析したところ、30品種が(1) で 46品種が(2) と分かれた。
この成分量の差を目印にすれば園芸用シャクヤクからでも赤芍・白芍の区別栽培が可能である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肺痿について

織部 和宏(織部内科クリニック 大分市)は『漢方と診療 No.26』で「頑固な咳と漢方療法」と題して“肺中冷”の肺痿の場合があると報告しています。
『金匱要略』肺痿肺癰欬嗽上気病篇には「肺痿,涎沫を吐して咳せざるは,その人渇せず,必ず遺尿し,小便数なり。然るゆえんは上虚して下を制すること能わざるをもっての故なり。これ肺中冷たり。必ず眩し涎唾多し。甘草乾姜湯をもってこれを温む」とあります。
しかし氏は次のように疑問も呈しています。

Continue reading "肺痿について"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

認知症と漢方3

近年わたしの友人に、物忘れがひどいアルツハイマー型のような人が出てきて、他人事ならず身につまされています。
これまでにも幾つか認知症についての記事を書いてきた。
そこで繰り返し取り上げたのは、病位は“脳”かもしれないが関与する臓器は「腎と脾」で、病理は「痰濁と淤血」であるとの主張でした。

Continue reading "認知症と漢方3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »