« 経方雑談 44温経湯 | Main | 空腹感はあっても食欲がないとは? »

小腹冷(インポ)

《霊枢。本輸篇》説:“少陽属腎,腎上連肺,故将両臓。”
この部分は何度読んでも意味不明です。後に続く文章から推察するしかありません。どうやら作者の朱進忠は、少陽三焦は中涜之府として経絡的には肺と腎の両臓を将(ひきいる)る位置にあり、津液を運輸しているのだが、この三焦はまた肝気の上昇の勢いを得なければそれは完成しない、という事を云いたかったのではないでしょうか。
心火は上に居るが,不断に腎水と下交しており,腎は火の助けを得て陽気が旺んになる;腎水は下に居るが,不断に上升して肺心を滋し,心火は腎水の滋養を得ている。
若し肝気不疏なれば,三焦は鬱滞し,心火は腎水と下交できず,腎水は心火を上滋できず,されば下焦は寒さ甚しく,上焦は火炎のごとし,だからといって火を補っても,冰炭ともなればすぐには温まらない;かといって其の火を清すれば寒は更に甚しくなる,因って此れには必ず疏肝気,理三焦,交心腎をしてこそ,はじめて上焦の火は下降して下焦の寒冷が消失することが出来る。
例:焦××,男,成。
小腹冰冷すること7~8年,前医は大剤の附、桂、硫黄、干姜、小茴、大茴、沈香、荜茇、良姜の剤を数年與えたが無効だった。
細かく其の証を視ると:頭暈心煩,口苦咽干,脈は弦滑である。
柴胡加竜骨牡蛎湯去鉛丹を,6剤與えた后,腹冷は頓消し,20剤にして愈えた。
例:郝××,男,25歳。
少腹、陰茎冰冷すること4年以上,陽痿になって2年以上になる,前医は温腎壮陽の剤を200剤以上,丸剤数百丸を與えるも無効だった。
細かく其の証を視ると,心煩心悸,便秘尿赤,面赤く神あり,口苦苔黄,脈は沈弦である。
柴胡加竜骨牡蛎湯(柴胡・半夏・黄岑・党参・桂枝・茯苓3 干姜・大黄1 甘草2 大棗7 竜骨・牡蛎5)39
3剤にして諸証は大いに減じ,少腹は温和となり,20剤にして諸証は消失して愈えた。
 ※下腹冷に対する意外な弁証である。インポ解消のわけを語っているか。
例:郭××,男,40歳。
五年来の遺精が,2~3日に一回ある,時には連続して4~5日の昼、夜ともに遺精し,小腹や陰茎は冰冷のごとく,頭暈失眠,胸脅苦満,時には竄痛し,四肢は厥冷し,疲乏無力となるに,前医は温腎の剤を出したが遺精は加重するばかりだったし,固渋の剤を加えると煩躁するだけだった。
招かれて余が診視すると,舌苔は黄白で,脈は沈弦であり,且つ補益固渋を服しても無功だったのだから,すぐに苦辛通降の剤を與えなければならない、補瀉同施、疏理三焦、交通心腎の柴胡加竜骨牡蛎湯去鉛丹加甘草花粉方を,10剤にして諸証は減じ,80剤にして諸証は除かれて愈えた。

|

« 経方雑談 44温経湯 | Main | 空腹感はあっても食欲がないとは? »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小腹冷(インポ):

« 経方雑談 44温経湯 | Main | 空腹感はあっても食欲がないとは? »