« 肺痿について | Main | 経方雑談 1桂枝湯 »

赤芍・白芍の区別

ウチダの『和漢薬No.764』に収載された「生薬の品質評価」に関する富山大学和漢医薬学総合研究所の報告を読み、赤芍・白芍についての理解が少し深まりました。
従来から両者の違いは「外皮の有無」「栽培・野生の別」「根の色・花の色の違い」など諸説がありました。
しかしどれも確定的なものではありませんでした。
今回の報告ではかなり信頼できる区別がなされています。
市場に流通する芍薬(Paeonia 属)には (1) 四川省以外の中国および日本の白芍 P.lactiflora と (2) 四川省産の赤芍 P.veitchii があり、主成分はどちらも Paeoniflorin でも、(1) は 2%、(2) は 6~7% と含量が異なるのが決定的な相違である事が分かった。
今後は成分定量によって赤白の区別をつけるのが科学的といえる。
そこで「富山県ブランド芍薬」栽培の目的のために、入手した76品種の園芸用シャクヤクを分析したところ、30品種が(1) で 46品種が(2) と分かれた。
この成分量の差を目印にすれば園芸用シャクヤクからでも赤芍・白芍の区別栽培が可能である。

|

« 肺痿について | Main | 経方雑談 1桂枝湯 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤芍・白芍の区別:

« 肺痿について | Main | 経方雑談 1桂枝湯 »