« 血室の解釈 | Main | 小柴胡湯2 »

小柴胡湯1

小柴胡湯について『中医治法與方剤』(陳潮祖)より引用紹介します。これ程の詳細な解説は今迄に見たことがありません。
[組成] 柴胡24 半夏12 黄芩・生姜・人参・甘草9g 大棗12枚
[用法] 水煎,分3次,温服,1日量。
[主治] 邪が少陽に居座り,往来寒熱となり,胸脇苦満となり,口苦・咽干・目眩・心煩・喜嘔となり,飲食を欲せず, 或いは胸中煩するも嘔かず,或いは渇し;或いは腹中痛み,或いは脇下痞硬となり;或いは心下悸となり,小便不利となり;或いは渇せず,身に微熱があり;或いは咳をする証を治す。
また熱が血室に入ったものや,黄疸,便秘,失血,項強,眩暈・妊娠悪阻,風丹(蕁麻疹),虚人の感冒等の証を治す。
[証析] 少陽は手の少陽三焦と足の少陽胆経を包括するが,此の方の所治は, 手の少陽三焦経が主である。
三焦は膜原と腠理から成り,陽気が升降出入し,水液が運行する所である。
もし平素から正気が不足し,腠理が緻密でないと,風寒は表から裏へと入り,少陽を占拠すると,必然的に衛気の升降出入や,水液の運行輸布,胆汁の輸泄流通,筋膜の柔和活利に影響し,病態を呈する。
邪が少陽を犯すと,三焦の衛気は表から祛邪せんとし,外から入った風寒は正気に勝って裏へ入ろうとする。
邪が勝ち正が負けると,陽気は内鬱するため悪寒がする。
正が勝ち邪が負けると,陽気は外へと達するため発熱する。
正邪が争い,対立すると,遂には往来寒熱を呈する。
口苦・咽干・心煩・発熱等の証は陽気が邪鬱のために,外へと疏達できず, 気鬱から熱化が起こったもので,これは衛気の病変である。
邪が少陽に留まれば,津液の流通が阻まれ,三焦は湿鬱となり,升降しなくなるので,小便不利となり,心に及べば悸となり,肺を犯せば咳となり,上りて清陽を干(おか)せば眩暈となり,内に入って胃腸を侵せば食が減り・嘔逆となる,これは水津の病変である。
邪が三焦から内へ入り胆腑に帰すれば,胆経は気鬱となり,胆道は不利し,胆汁の流通が阻まれ,遂には脇下痞硬・脹満・疼痛を呈する,これは胆系の病変である。
膜原は三焦の組成の一部ゆえ,邪が少陽を犯し,気鬱津凝となれば,また筋膜の柔和さに影響して目眩・干嘔・項強・疼痛等の証を呈する,これは組織の病変である。
以上をまとめると,この証には基礎物質の病変である気鬱津凝という徴候と,組織の柔和さが失われて攣急・緊張となった徴候がある。
手の少陽三焦の徴候があり,また足の少陽胆経の徴候があり;少陽兼厥陰の徴候があり;また胆胃不和の徴候があり;上焦心肺の徴候があり,また下焦腎系の徴候がある。
病の本は少陽に在っても,徴候は五臓に現れる。
[病機] 邪が少陽に居座る。
[治法] 和解少陽法。
[方義]  此の証には正気不足と邪気侵襲の病理が同時に存在する。ゆえに扶正祛邪が治法となる。
半表の寒と半裏の熱という病理が同時に存在する。ゆえに表裏同治が治法である。
気鬱化熱と津凝が変じて湿となった病理が同時に存在する。ゆえに寒温を共用すべきである。
清陽不升と濁陰不降の病理が同時に存在するので,又 升降并調をすると良い。
上述の治療法を取り,正気旺盛になり,邪気が除かれ,表邪が解かれ,裏滞が疏通し,鬱熱が清し,湿邪が化し,清気が升り,濁陰が降れば,三焦は調和する。
これは汗・下・温・清の諸法と違って,表裏寒熱虚実升降を調和させる,故に和解少陽と名づける。
方中の柴胡は少陽を治する要薬で,気機を疏暢し,陽気を升発し,邪を表へ透達させ,鬱熱を解除する功がある。
本方は此の少陽半表の邪を透達させ, 気鬱からの化熱を発泄し,三焦気鬱の脹を疏暢させ,鬱結して伸びない陽を升発させるなど,作用が全面に及びかつ用量が大きいゆえ,方中の主薬である。
黄芩には肺胃肝胆を清する功があり,柴胡と対をなす。
則ち柴胡は能く陽気を舒展し発熱の源を消除する。黄芩は能く肝胆を清泄し専ら已鬱の熱を清す。
半夏は燥湿運脾し,生姜は水津を温散する。
三焦の湿鬱は独り中焦が取るというのは,中焦が水液升降の軸だからである。
人参・甘草・大棗は元気を大補する。
方中に配入するのは,扶正祛邪にて邪気が裏に入るのを予防し,祛邪の薬効を増強するゆえ裏方役である。
甘草・大棗の甘は又 肝の急を緩めて膜絡を柔和ならしめる。
七薬は同用してこそ,能く和解少陽の効を発揮する。
此の方には柴胡の半表の邪を疏散する作用と,黄芩の清泄裏熱の作用と,生姜・半夏の燥湿行津の作用があり,これにて表裏同治法となっている。
柴胡・黄芩の凉が気鬱所化の熱を清解し,半夏・生姜の温辛は津凝の湿を燥かす,これは寒温共用の法である。
柴胡・黄芩・生姜・半夏等の薬で祛邪すると同時に,人参・甘草・大棗等の薬で扶正するので,これは扶正祛邪法となっている。
柴胡は清陽を升発し,生姜・半夏は濁陰を降泄するゆえ,これは升清降濁法となっている。
柴胡・黄芩・生姜・半夏は津気を調和させ,甘草・大棗は膜絡を緩和にするゆえ,これは膜絡津気同治の法となっている。
将に和解表裏・平調寒熱・升清降濁・通利三焦・扶正祛邪・膜絡津気同治が渾然一体となり,構造は表・裏・寒・熱・虚・実・升・降・津・気・膜・絡の各方面を兼顧している。
少陽三焦は表裏上下を聯系し,五臓六腑の枢であり,津気の升降出入の路であるので,方剤の構造は又 寒熱并用,補瀉兼行となっている。
ゆえに此の方は臨床では表・裏・温・清・升・降・補・瀉のすべてに用いられている。
若し三焦より論治すれば,気鬱・津凝・液阻(黄疸等)・失血等の証を治すことが出来,用途の広さ,配伍の佳さから,古今の名方であり,匹敵するものの無い,和解少陽の総方である。
章楠は謂く:“仲景は六経病証を分けて,それぞれに主治の方がある。たとえば桂技湯・小柴胡は同じく和剤としている,しかし桂枝は専ら営衛を和し,太陽の主方である。柴胡は専ら表裏を和し,少陽の主方である,各々はその部位深浅が違う”。
小柴胡湯の升清降濁し,三焦を通調するのは,つまりは表裏を和すことで枢機を通暢している,故に少陽の主方である。

|

« 血室の解釈 | Main | 小柴胡湯2 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小柴胡湯1:

« 血室の解釈 | Main | 小柴胡湯2 »