« 麻杏甘石湯 | Main | 麦門冬湯《金匱要略》 »

蠲痺湯《楊氏家蔵方》

時あたかも「健康食品「ウコン」(ターメリック)には薬効はないことが判明」という論文が出ていますが、癌やアルツハイマー病で試すことからして間違っていませんか?
中医学では上半身の風湿痺(神経痛)の治療にしか使いませんよ。
[組成]
 羌活・防風・姜黄(ウコン)・赤芍・当帰(酒浸一宿)・黄芪9 甘草3
[主治]
1.風湿が相い搏ち,身体が煩疼し,項臂が痛重し,挙動が艱難となる。
2,手足が冷痺し,腰腿が沈重となり,手足に力が入らない。
[証析]
此の証の病因は風寒湿の三気の雑感からなり,病位は経絡にあり,病性は寒に偏よる。
この経絡湿痺は,血鬱気滞による病機である。
風寒が肢体を侵犯し,津凝して湿となり,血運は不利となり,筋脈が邪を受けて,攣急して項背疼重を呈すか,或いは四肢湿痺で手足無力を呈する。
[病機]
湿痺が経絡にあり,血凝気滞となる。
[治法]
祛風勝湿,活血通絡法。
[方義]
此の証を治療する,法は祛風泄邪,活血通絡すべし。
方用の羌活、防風は祛風勝湿,邪を表へ逐い出し,気機を宣通する;当帰、姜黄、赤芍は活血通絡し,其の血痺を宣通する。
姜黄は特によく肩臂の疼痛を治療し,血行を暢べ経絡を通す, 経絡が通れば疼痛は解ける。
方名の蠲痺とは,実に閉塞を消除するの意なり。
佐薬の黄芪、甘草は益気固表し,風去りても復た来るのを預防する,実に散風の中に御風の意もある,其の中の甘草は又緩急止痛にもなっている。
《魏氏家蔵方》蠲痺湯は,気弱者の風飲を治すもので,風邪が外に客し,飲湿が内に停まり,風湿が内外に相い搏ち,体倦く舌が麻れ,甚しければ悪風と多汗があり,頭目は昏眩し,遍身不仁となる。
本方に白朮、附子、薏苡仁を加え,温陽散寒、除湿蠲痺の功が更に著しい。
《済生方》蠲痺湯は本方に較べて防風一味が少く,祛風の力量は少し弱い。
[応用]
本方は項臂疼重,挙動艱難を治すのを主とし,下部の腰腿が沈重には,効果は魏氏蠲痺湯より劣る。
    『中医治法與方剤』(陳潮祖)より
※肩周炎、頚椎病、上腕神経炎、書痙症などに応用される。

|

« 麻杏甘石湯 | Main | 麦門冬湯《金匱要略》 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蠲痺湯《楊氏家蔵方》:

« 麻杏甘石湯 | Main | 麦門冬湯《金匱要略》 »