« 小柴胡湯3 | Main | 小建中湯(《傷寒論》) »

桂枝湯の“鼻鳴”とは何か?

桂枝湯(《傷寒論》)の条文に「営衛不和,陰陽失調,頭痛項強,発熱、汗出、悪風、鼻鳴、干嘔、脈緩者。」とある中で、“鼻鳴”とは何のことか?
従来から「鼻塞」「噴嚏」「鼻涕」と説が分かれています。
『中医治法與方剤』(陳潮祖)の小柴胡湯の部を読むと、「三焦は膜原と腠理から成り,陽気が升降出入し,水液が運行する所である。」となっている。
では桂枝湯の部を読んでみよう。
「汗出るは肌が疏で,腠理が不密である, 故に悪風する;衛気は肺胃に内通している,邪が衛を擾(さわがせ)せば,少陽三焦の津気は不利となり,津液の外泄を導致する,故に鼻鳴り;胃は寒攣に因って,胃気は上逆し,故に干嘔する。」
このように三焦と結びつけて考えると「鼻鳴=流清涕」となる。
森立之の考証によれば『傷寒諭孜注」には次のようになっている。
「鼻鳴乾嘔者桂枝湯主之」の鼻鳴について、一般的に鼻塞而息鳴と解釈している。‥‥‥鼻鳴が「久左米(嚏)」を指していることが証明され、慣用になる錯誤を匡した。
41「傷寒雑病論」における卓越した考注 日本医史学雑誌第47巻第3号(2001) 郭 秀梅・加藤久幸

|

« 小柴胡湯3 | Main | 小建中湯(《傷寒論》) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桂枝湯の“鼻鳴”とは何か?:

« 小柴胡湯3 | Main | 小建中湯(《傷寒論》) »