« 玉屏風散(《丹渓心法》) | Main | 甘麦大棗湯(《金匱要略》) »

止嗽散(《医学心悟》)

[組成] 荊芥・桔梗・紫菀・百部・白前10 陳皮・甘草6
[用法] 水煎服。
[主治] 風邪犯肺,肺失宣降,咳嗽,咯痰不爽,或いは微に有悪寒発熱,苔薄白,脈浮緩。
[証析] 此れは外感風寒,表証が已に去ること十の八九,ただ残る咳嗽の常用方。
肺の合は皮毛で表を主る。
風寒束表,未だ能く治療の及ばざる時,或いは治療を経ると雖も 未だ法を得ず,内伝して肺に入り,肺気鬱して不宣,肺津凝して不布,気鬱津凝,咳嗽遂に生ず。
此即ち《素問・玉機真臓論》が所説する:"今 風寒が人に客すると,人の毫毛を筆直せしめ(鳥肌たてる),皮膚は閉じて熱となり,病は肺に入舎する,名づけて曰く肺痺と,咳を発して上気する"という機序である。
其の病理衍変は:風寒客表(病因)→内伝于肺,宣降異常(病位)→気鬱津凝(病性)→咳嗽。
[病機] 外感風寒,肺失宣降。
[治法] 止咳化痰,疏表宣肺法。
[方義] 此の種は余邪が未だ尽きず肺失宣降の証なり,之を治す法は,当に宣肺止咳を重点として,機能を調理し,微に疏散の品を加え,祛邪して外に出す。
方中の桔梗、白前は宣肺祛痰,紫菀、百部は温潤止咳,陳皮、甘草は利気調中, 六薬全ては肺胃機能の調理に当ててある。
復た荊芥を用いては疏散風邪,祛邪外出,宣発肺気し,其の閉鬱を開く, 合さりて成方となり,宣肺止咳,疏風散邪の効果を収める。
此の方は僅かに荊芥一味を用いて解表しており,一見取るに足りないように見えるが,其の実は全ては此の薬の宣発表衛,啓門逐寇(門を開いて賊を追い出す)を頼りとして,始めて諸薬は奏効できる。
如し此の理に不明で,ただ止咳にのみ務めたら,いくら力を大にしても効を収めることは少ないだろう。
故に荊芥は本方の画竜点睛の薬である。
此の方の構造の弱点は,一に解表力量の薄弱さである,如し表証がなお在れば,力不足を免れない;二に祛痰滲湿の品が缺乏していることで,如し痰が多いと,此の失策は大きい。
情況によって加入すれば,能く較好の効果を得るだろう。
[応用] 本方は余邪未尽の外感咳嗽を治して,較好な療効がある。
偏寒者には,防風、蘇葉、生姜、麻黄、杏仁を加えて散寒止咳する; 偏熱者には,桑葉、菊花、薄荷、連翹、黄芩、青黛を加えて清熱止咳する; 痰湿中阻の咳嗽痰多者には,半夏、茯苓、紫蘇子、白芥子を加えて祛痰止咳する。
   『中医治法與方剤』(陳潮祖)より
※取り残した咳嗽はなかなか治り難くいつまでも続く時、これを一掃するのが止嗽散です。解表成分は荊芥一味でも、これが無くては画竜点睛を欠くことになる妙方です。

|

« 玉屏風散(《丹渓心法》) | Main | 甘麦大棗湯(《金匱要略》) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 止嗽散(《医学心悟》):

« 玉屏風散(《丹渓心法》) | Main | 甘麦大棗湯(《金匱要略》) »