« 逆伝心包について | Main | 桂枝湯の解肌とは »

葛根湯(《傷寒論》)

[組成] 葛根40 麻黄・桂枝・白芍・炙甘草10 生姜15 大棗12枚
[用法] 水煎,温服,覆取微汗。
[主治]
1.太陽病,項背強ばり几几,無汗悪風。
2.太陽と陽明合病は,必ず下痢をする。
3.太陽病,無汗なのに小便が反って少ない,気上りて胸を衝き,口噤して語るを得ず,剛痙を作さんと欲す。
[証析] 所治の3条のうち,前の2条は《傷寒論》に,後の1条は《金匱要略》に出てくる。
項背強直と口噤難開はみな外感の風寒で,経脈が受寒して攣急の象を呈したもの;下痢とは平素からの脾胃虚弱に因って,一度 風寒を受けるや,表衛が閉鬱し,津気は皮毛に正常に輸布されず,食道上端の咽部夾層から腸胃へと内帰する(意味不明),腸道蠕動は速くなり,清陽は下陥し,濁陰は下流し,下痢となる。
[病機] 外感風寒,経脈攣急。
[治法] 辛温解表,柔肝緩急法。
[方義] 本方は桂枝湯に麻葛を加えたものである。葛根には解肌升陽の効能がある。
薬理実験が此の薬にはかなり強い解痙作用がある事を証明している,此の薬を重用するのは,束表の邪を祛り,経脈の痙攣を解くからである。
麻黄、桂枝、生姜は辛温で解表し,葛根を輔助として風寒を疏散し,病因を除く;白芍、甘草、大棗は柔肝緩急をし,葛根を輔助として経脈を舒緩する,七薬が合用されて,能く辛温解表,柔肝緩急の効となる。
表裏同病の下痢を治療するのは,葛根を用いて清陽を升挙し,下陥した清陽が上升出来るようにするため; 麻黄、桂枝、生姜は風寒を発散し,毛竅を宣通し,内陥した津気を表から出す;白芍、甘草、大棗は脾胃を調理し,腸道の蠕動を緩解する,是れは表裏同治法の先駆であるばかりではなく,逆流挽舟法の先例でもある。
注意すべき2点。
①葛根の作用。
②白芍、甘草、大棗の作用。
《傷寒論》及び《金匱要略》の注家である,咸謂く 項背強急,口噤難開,これは陰津受損に因り,経脈を濡養できないためである,故に葛根を用いて"陰気を起して津液を生じた(柯琴)"。
だが此の証は陰津受損から経脈失濡が起ったのではなく,風寒を感受したために経脈拘急が起ったのである。
その根拠は三つある:
其一,表証の初起で,未だ化熱していないのに,どうして津液が受傷するのか?
其二,方後の服法の注に"覆いて微似汗を取る"とはっきり示してあるが,津液受損なら,さらに汗を出せるか?
其三,本方は能く下痢を治療する,これは三焦の津気の運行が風寒を受けたために閉束して腸胃へと内帰し,津気の升降失調となったもので,津液が受傷したものではない。
だから葛根を使用したのは生津のためではなく経脈の攣急を解除するためである。
白芍、甘草、大棗は一般にみな益陰和裏と解釈している。
だが此の方は三薬を柔肝緩急として用いている。
"肝は身の筋膜を主る",全身の経脈はみな筋膜から構成されている,故に経脈の病変は肝より治さなければならない。
白芍の酸で柔肝し,甘草、大棗の甘で緩急する,とするのが最もふさわしい。
[応用]
1.項背が強直し,兼ねて悪寒無汗があり,舌質は正常で,苔薄く白い,脈象は浮緊。
2.表証に下痢を兼ね,腹は脹らず,熱象が無い。
本方には一に燥湿運脾の薬物が無く,二に分利湿濁の品が無い,是れは津気を升発して表から出して止利するのを目的としており,いわゆる逆流挽舟の法でもある。
病案:李某某,男,42歳。1994年4月2日就診。
2年前に感冒に患り,愈えた後に大便の回数が増えた,毎日5〜6回あり,いつもは朝起き、食後、活動量の大きな時に厠へ入り,しかも待ったなし。
脘腹は脹っていない,便は溏だが稀ではない;舌質は正常、舌苔は薄白,脈を細審すれば弦に寒象を兼ねている。
脘腹不脹から,湿滞中焦による升降失調の藿香正気散証ではない;大便回数は多いが清稀ではないから,脾不運湿による,清濁不分の胃苓湯証ではない;久瀉でも便には黏液が無く,また腹痛も無いから,疫邪が胃腸を侵犯し,久病正虚で余邪未尽の烏梅丸証ではない; 急ぎ入厠せんと欲するが裏急後重は無く,大便稀薄ではないから,また腸滑失禁の真人養臓湯証ではない。
此の証は感冒の後に継発し,日久しいと云えども津気の升降機能が未だ回復していない,それで朝起き、食後或いは運動の時に,陽気が上升して外越しようとすると,腸道を刺激して蠕動が増し,始めて泄瀉をする,其の基本病理は:表が寒閉となる→津気の出入が受阻し→少陽三焦内より胃腸へと帰る→津は気陥に随い,腸道蠕動が増強すると→泄瀉となる。
治法は辛温解表,逆流挽舟,柔肝緩急とすれば,津気升降出入の常態が恢復する,効き目が出るまで,此の方を3剤出した。
4月9日再診,毎日の大便は2回に減った。
効きめがあったので処方はそのままで,継服すること3剤,2日に1剤とする。
2年の腹瀉が,半月で愈えた。
《傷寒論》所載の処方だが,ただ外感疾病の為にだけ設けたのではない,病機さえ相符すれば,即使用できる事は,此の案の説明で分かるだろう。
臨床報道によれば葛根湯で蕁麻疹46例を治して,みな愈えている。
此の証はまた風丹と称するが,風寒が皮下腠理に客して,外疏せず,内泄もせず,津気の出入が受阻し,少陽三焦が腠鬱となり,少陽三焦の膜に影響し,脈絡攣急不通の病いになった。
此の方の麻黄、桂枝、生姜は腠理毛竅を宣通し,泄衛透営し,邪を表から出す;また葛根、白芍、甘草、大棗は解痙緩急し,膜原を柔和にする,古方善用のモデルである。
   『中医治法與方剤』(陳潮祖)より
※2年前の風寒感冒が未だに皮下腠理に客して、三焦の津気運行に影響しているなんて!
すると悪寒発熱などの表証が無くても三焦の病変には「解表法」で対処しなければならない場合があるということですねー、気をつけないと。
※通常の肩凝りは(津気の出入が正常な)筋肉の疲労であり、筋肉の攣急ではない。当然、葛根湯では良くならない。

|

« 逆伝心包について | Main | 桂枝湯の解肌とは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 葛根湯(《傷寒論》):

« 逆伝心包について | Main | 桂枝湯の解肌とは »