« 扶正祛邪法による治癌 | Main | 定志丸(《備急千金要方》) »

柴桂五苓湯(自制方)

[組成]柴胡25 黄芩・半夏・甘草・大棗10 生姜・人参・茯苓・桂枝・白芍・白朮・牡丹皮15 沢瀉・牡蛎20
[用法]水煎服。1日1剤,連服数剤。
[主治]婦女更年期綜合征:婦女の停経前后に,時に発熱汗出を呈し,胸部や頭頚に汗多く,熱気上衝を自覚する,甚しければ面紅潮熱し,或いは心煩易怒を兼ね,痞悶不舒,舌体は微胖,舌尖は微紅,脈象は正常か,或いは微弦、微数。
[証析]《素問,上古天真論》云く:"女子は七歳にして,腎気盛んに,歯が更り発し長ず;二七にして天癸至り,任脈が通り,太衝脈が盛んとなり,月事が時に下る,故に子あり;三七は,腎気が平均する,故に真牙が生じて長さを極む;四七は,筋骨堅まり,髪の長さが極まり, 身体は盛壮となる;五七は,陽明の脈が衰え,面始めて焦げ,髪始めて堕ちる;六七は,三陽の脈が上に衰え,面は皆焦げる,髪始めて白し;七七は,任脈が虚し,太衝脈も衰少し,天癸が竭き,地道が不通となる(月経絶止),故に形壊れて無子となる。"
上述は女子の生長発育,盛衰過程を言う。
壮盛の年には,太衝脈が盛んに,任脈も已に通じ,天癸は已に至りて,月経は一月に一行あり,時に応じて疏泄する,女卵は胞宮任脈が主る卵巣に貯えられる,男精は丹田に貯えられ,両性が交合し,陽施し陰受ければ,即ち能く懐孕する。
七七の年には,任脈は巳に虚し, 衝脈の血少く,天癸は已に竭き,地道は通らず,故に形壊れて無子なり。
経血の一月一行は,肝経の応時疏泄に頼る。
肝経の機能は主に気血津精の疏泄と,肝主筋膜で,五臓の経絡はみな筋膜構成と関係がある。
人と天地は相参じ,日月は相応ずる,女経の一月一行は,月環が大地一周行するのに相応ずる,月経の名は,此れに由来する。
如し已に年が四十を越えれば,衝任は漸衰し,精血は漸少し,営衛は失衡し,気血津液の升降出入は異常となり,升が降より多くなる,津血は気に随って上衝し,顔面は潮紅する!
此の証は停経以后によくあり,甚しくは還暦年に至ってもある。
細かく其の理を究めれば,仍お気血津液の疏泄失常に因り,降少なく升多きが然らしむるなり。
其の基本病理は:晩年→精血日に損じ→営弱く衛強し→肝気の升降異常→津血の升は降より多し→此の証を成す。
[病機]精血漸衰,営衛不和,升降失常。
[治法]調和営衛,和解少陽法。
[方義]精血漸く衰え,衛強営弱となれば,脈外の衛気と脈内の営血の上升太過となり,身半以上に汗が出て、顔面は潮紅する,治には陰陽を調え,升降を和すのが宜しい。
此の方は小柴胡湯、桂枝湯、五苓散の三方加減より成る。
方に用いる桂枝、生姜、柴胡は陽気を宣発して表より出し,衛を強すぎないようにする;芍薬、甘草、大棗は益陰和裏して,営を弱すぎないようにし,営衛和諧とする。
重用する柴胡は少陽三焦の衛気を升発する,発が升より多いと,上升太過の虞れを無くする;黄芩は気熱を清し,生姜、半夏は津気を降す,その意は中焦の斡旋に在り,津気上升を制する;人参、甘草、大棗は益気実衛する,その旨は固護陰津に在り,外泄させず,営衛を和諧し,三焦の升降を和ならしむ。
然し上半身に汗が出て、面紅と津血の上升太過となるのは、営陰外泄と関係がある,単に営衛、三焦を調えるだけで,若し水津を引導して下行させなければ,上身の汗出は消除が難しい。
桂枝と白朮、茯苓、沢瀉を同用するのは,化気行水の功能で,水津を下行させて帰腎させ,上升して外泄するのを減少させる為である;さらに牡丹皮の凉血調営,牡蛎の潜陽固渋を配して,気血の上衝,陰津の外泄を制する,諸薬を同用すれば,営衛は調和し,少陽は和解し,肝の疏泄は正常となる。
或いは問う:此の方の選薬配方の,主旨は肝の疏泄調理に在るのでは?
五臓の経絡は肝系の筋膜構成によるが, 其の実は肝系の筋膜は心包の延伸より来ており,心包の神筋こそが経脈の弛張運動の号令を発する中枢なのです。
《黄帝内経》によれば心の神筋が肝系に帰属して,はじめて肝主疏泄と謂えるのです。
古人は嘗つて汗は心液と云い,其の出入は肺肝が関与する,営分の開合は,肝の所司であり,衛分の開合は,肺が所主だからである。
いま腎系の陰精が虧ければ,陰不済陽,肝陽偏亢,血随気逆上衝して顔面潮紅を呈し,津が気に随って浮き出表すれば外泄出汗を呈する,唯だ清営凉血して其の衝逆を制し,其の営衛を固めて,外泄させないのが宜しい,是れでようやく両全の策となる。
牡丹皮は清熱凉血に長じ,桂枝は降逆平衝に長じ,牡蛎は鎮肝寧神,固護営陰に長ずる,人参は益気実衛に長じ,其の営陰が熱蒸を受けないようにすれば,営血は気に随って升らず,表の衛気は固まり,熱気の上衝や,上身からの汗出が収まる。
或いは謂う:桂枝の性温は,助熱の恐れがあるのでは?
本品の配入は,実は已むを得ないのです。
此の証には衝気上逆、営衛有熱、津随気逆の三種の機理が并存し,泄衛和営、平其衝逆、化気行水には唯だ桂枝のみが該当するのです。
此のために牡丹皮を相配し,其の温性を去らせても泄衛、平衝、行水の功が仍お存するのです;況んや黄芩の清気分熱を配するのも,実は之を制するためなのです。
[応用]近年 本方を常用して此の証を治療して,療効の卓著がある。
湿が重くなければ,丹梔逍遥散加牡蛎で潜陽してもよい; 舌質が紅ければ,生地の凉血滋陰,冬桑葉の止汗を再加する。
   『中医治法與方剤』(陳潮祖)より

|

« 扶正祛邪法による治癌 | Main | 定志丸(《備急千金要方》) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 柴桂五苓湯(自制方):

« 扶正祛邪法による治癌 | Main | 定志丸(《備急千金要方》) »