« 防風通聖散(《黄帝素問宣明論方》) | Main | 瓜呂仁では効かない! »

麻黄湯への危惧

《傷寒貫珠集・太陽篇上》に次のような解説があります。
"表実の人は,容易に邪を得ないが,もし得たとすると(大変なことになる),衛気を泄することが出来ず,反対に衛の陽気を実しさせてしまう,陽気が実しても,表は不通なので,熱を経に閉じこめる事になる,すると脈は緊となり身痛し,汗が出ないので煩躁する。"
と、これは麻黄湯や大青竜湯などの太陽表実証に対する解説です。
インフルエンザに麻黄湯を使うのがルールの一つになっていますが、私は危惧してなりません。
「表実」というからには容易には邪を寄せ付けません。
ちょっとやそっとでは外邪の侵入を許さない免疫力の強健な人です。
そういう人が一度 外邪に感染されると大変なことになります。
「表実」のバリケードを打ち破って入ってくるのですから、それは物凄い「寒邪」でしょう。
激しい「悪寒」に見舞われるはずです。
悪寒と発熱(衛陽の実)の両方があって太陽表実証が成立します。
そこで麻黄湯が登場するのならピッタリと証が合って、発汗が起こり解熱します。
このような証はそうざらには無いはずです。
しかし実際には麻黄湯でインフルエンザが治ったという報告が沢山あります。
悪寒がたいして無くて発熱だけがある人に、ただウィルスの型が合っているからという理由だけで麻黄湯が与えられているのではないでしょうか?
証を無視した選薬だと漢方とは云えません。
麻黄湯は発汗剤の中でも俊剤ですから、間違えると必ず副作用がある事を忘れてはなりません。

|

« 防風通聖散(《黄帝素問宣明論方》) | Main | 瓜呂仁では効かない! »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 麻黄湯への危惧:

« 防風通聖散(《黄帝素問宣明論方》) | Main | 瓜呂仁では効かない! »