« April 2017 | Main | June 2017 »

温経湯(《金匱要略》)

[組成]呉茱萸・麦門冬15 桂枝・当帰・川芎・牡丹皮・半夏・生姜・阿膠・芍薬・甘草・人参10
[主治]
1.月経淋漓不断,漏下不止,唇口干燥,手心煩熱。
2.月経不調,逾期不至,或時前時后参伍不調。
3.経行腹痛,得温稍減,舌淡脈渋。
4.久不受孕。

Continue reading "温経湯(《金匱要略》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

双極性障害(躁鬱症)2

双極性障害(躁鬱病)については以前にまとめた事がある。
中医学では「躁狂抑鬱症」「双極性情感疾患」ともいい、また単に「抑鬱症」とも云う。
湖北省襄陽市中医医院主任医師 胡思栄 は抑鬱症について次のように考えている。

Continue reading "双極性障害(躁鬱症)2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メニエール病と漢方

現代医学では「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」が原因ではないかと云っている。
中国では「内耳淋巴積水と迷路水腫の所致」と表現している。
では積水、水腫はどうして生ずるのか?その原因は今なお未明である。

Continue reading "メニエール病と漢方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消岩膏(《中医外科心得集》)

[組成]山慈菇・土貝母・五倍子(瓦上炙透)・川独活・生香附30 生南星・生半夏15
[用法]研末し,醋で膏に調成し,患処に塗布する。
[主治]乳岩、石疽、瘰癧等の陰証者に。

Continue reading "消岩膏(《中医外科心得集》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小建中湯2

先に小建中湯(《傷寒論》)の記事で、結果に当たる「陰陽不和と営衛不和」について取り上げましたが、今度は原因に当たる「肝木侮土(脾虚肝乗)」の視点からの詳解がありましたので紹介します。

Continue reading "小建中湯2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »