« 少火は気を生ず | Main | 表証が無くても葛根湯は使える »

葛根湯の誤案 --“利之弊”

 康某は,黄師(黄仕沛)の姐さんで,吾々は“師姑媽”と称している,年は70を越え,なお経方の研究を止めていない。
糖尿病、頚椎病、骨質疏松、老年退行性骨関節の病史がある。
今年3月から,毎夜のように単側の小腿~足址部位に発作性攣急疼痛が出現する,夜間が甚しく,毎夜発作が1、2度あり,毎回3~5分間持続する,痛みは甚しくて眠れない。
曽つて葛根湯及び骨質疏松改善薬物を服して緩解できた事がある。
近日の発作は頻繁で,攣急は双側の腓腸肌にまで及び,毎夜発作が2、3回ある,グルコサミンカプセルを服用しても症状は改善しないので,2010年5月31日に遂に黄師の治を受けた。
 此れは本来なら芍薬甘草湯証である,しかし肩頚疼痛を伴っているので,葛根湯加北芪がいいだろう。
処方:北芪90,葛根60,麻黄10,桂枝15,白芍60,炙甘草30,大棗15,生姜10,3剤。
服薬后に肩頚疼痛は緩解し,両脚の攣急も亦減った,が一晩中入睡できなかった。
 6月7日,葛根湯剤を続けているが,却って第1剤后よりも,夜間の双側腓腸肌の抽痛が又頻繁になった,足趾が尤も甚しく,毎晩三四回起こり,薬油による按摩方でも緩解せず,一晩中眠れない辛さは,言葉にも尽くせぬほど。
且つ数日来また夜間の怕冷,手足凉が増え,神疲倦怠,少気無力,腹痛,脇痛,大便溏となった。
 6月11日,黄師は思った,此れは乃ち麻、葛が更に陽気を傷つけたのだ,そこで桂枝加附子湯に改め,生姜は干姜に代えた,
処方:北芪60,桂枝30,白芍60,赤芍30,炙甘草30,大棗20,干姜20,附子24。4剤。
服薬した当晩は僅かに発作が一回あったが,甚だ軽く,夜は安睡でき,次の朝喜んで黄師に電話をした。
 6月15日,再び上方5剤を与えた。自后未だに発作がなく,已に常の如し。
 按:事后に黄師は此の案の誤りが葛根湯に在ったと言い,并せて経験と教訓を謂った,すべては第29、30条中に論ぜられていると。
脚攣急は本もと芍薬甘草湯証である。
黄師は当時 肩頚疼痛が有るのを知り,芍薬甘草湯の両味を加えて,増制した葛根湯を投じた。
服后 夜は不眠となったのは,初めから警告があったのだ,それなのに再び原方を誤投したのは,“一逆は数日に及ぶが,再逆は命取りになる”の格言どおりである。
陽気が再び傷ついたのは明らかで,肢凉畏冷、神疲乏力、便溏等が出現した。
 《傷寒論》第29条に曰く:“傷寒脈浮で,自汗が出,小便は数で,心煩し,微悪寒,脚攣急に,反って桂枝湯を与えて其の表を攻めんと欲するは,此れ誤り也”。
此の証の初めには未だ自汗は出ていなかったが、小便は数で、心煩あり、悪寒等もあり陽虚証なることは明らかだった,これは病者の素体が多病で,陽が本もとから不足していたのである。
葛根湯を服した后も,汗が出ず,却って一晩中不眠だったのは,已に麻黄剤を服するのは宜しくないと示していたのだ。
“反って桂枝湯を与えて其の表を攻めんと欲するのは”尚お“誤也”の通りである。
葛根湯で表を攻める奪陽は桂枝湯よりも更に甚しい,しかも一再ならず投じて,陽虚の証が突然顕れ,脚攣急が加重したのは,必然の勢いである。
此の時には“甘草干姜湯を作り与えて,其の陽を復せ”,然る后に“若し厥愈え足温まりて”后に,“更に芍薬甘草湯を作り与えれば,其の脚は即ち伸びる”。
尤も幸いだったのは陽虚の兆が見えて,すぐに間違いに気づき,桂枝加附子湯を投じて,被傷の陽を挽回したことである。
 仲景は原もと三処の錦嚢を備えている:①第29条:“作甘草干姜湯以復其陽”。
②第68条:“発汗,病不解,反悪寒者,虚故也,芍薬甘草附子湯主之”。
③第30条:“病形象桂枝,因加附子参其間”。
第20条:“太陽病を,発汗して,遂いに漏が止らず,其の人が悪風し,小便難,四肢微急,難以屈伸となれば,桂枝加附子湯が之を主る”。
甘草干姜湯は最も軽く;芍薬甘草附子湯は又それよりも稍重く;桂枝加附子湯は更に重い。
黄師が桂枝加附子湯を選び且つ生姜を干姜に代え,両方から考慮したので,窮地一転して,無事であった。
 仲景の書は細心に読まなければならない!
(若し舌象を識っておれば,此んな誤りはしなかったろう。死にそうな事にまで! 舌象を識りたければ,“半百知医 中医科普之九:看舌自诊-简明舌象分类”と検索したらいい。)
※細心に読めば至らぬ処なし傷寒論。

|

« 少火は気を生ず | Main | 表証が無くても葛根湯は使える »

治験」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 葛根湯の誤案 --“利之弊”:

« 少火は気を生ず | Main | 表証が無くても葛根湯は使える »