« 表証が無くても葛根湯は使える | Main | 参苓白朮散(《太平恵民和剤局方》) »

早漏は腎虚に非ず

 李某,男性,33歳。結婚して3年になるが未だ子が出来ないと,夫人と偕に来診した,仔細に詢ねると,夫人は結婚后に一度自然流産している,だから妻の方は本もと受孕できるのだ。
近ごろは又精液検査をしたら,精子の活力が稍低く,且つ常に早泄で,性交はいつも不成功である。
此れは桂枝加竜骨牡蛎湯の証である。
 処方:生竜牡各30(先煎),桂枝20,白芍20,大棗20,炙甘草15,生姜10。
連服すること3周の后に電話で喜報が来て,其の妻が受孕したと。
 按:この頃の世俗では,生殖系統の病証に逢うと,必ず腎虚精虧だと曰う,恐らくは過度の中医理論の宣伝や、一知半解の中医理論と関係がある。
毎度のことに病者が来ると,必ず問うのは:“我は何体質か?我は肝虚か?血虚か?腎虚か?”
医者も又 臓腑学説を一面しか理解していない。
《内経》に因れば“五臓は,精気を蔵して瀉せず”、“腎は精を蔵す”とあり,五臓の病の多くは虚から立論されるものと,深く人心に入っている。
社会で宣伝されている飲食療法はみな,某物は補肝する,某物は補腎するといい,通俗的で分かり易くしてある。
仲景の効方に致っては,誰も重視しない。
不孕不育には填精補骨に限る,此れ以外には良法は無いと。
病者は補腎の説を聴いて,さも合理ならんと,喜ぶ。
若しも桂枝加竜牡湯を処方したら,患者の多くは反って疑惑を感ずるだろう。
 《金匱要略·血痺虚労病脈証并治》:“失精家は,少腹が弦急し,陰頭が寒く,目眩み,髪落ち,脈が極めて虚芤遅なるを,清穀(下痢),亡血失精と為す,脈が芤動微緊を得れば,男子は失精し,女子は夢に交わる,桂枝加竜骨牡蛎湯が之を主る”。
此の条の原文を読んで,“男子失精,女子夢交”の一語を味読しなければならない。
失精を病理と理解してはならない。
失精と夢交とは対語であり,症状を云って病理を云うのではない。
誤解すると,必ずや補腎という決まり文句に陥り,ただ機械的に補腎益精の方を套用する。
病者は“腎虧”の一語を受けて困り果て,惶惶として日を送る。
其の実は遺精、滑精、早泄はみな失精の類で,ただの症状名に過ぎない。
多くの責は心に在るのであり,腎に在るのではない。(※)
姜佐景曰く:“本湯が遺精を治すとは,医者なら誰でも知っている。だが知っているだけで,用いるのは,いつも腎気丸の一方ばかりである,まあ加えるにしても補益の品ばかりで,続断、杜仲、女貞子、菟絲子、核桃肉の類などである”。
 また廉江の梁某は,黄師の友人であり,其の子は年三十で妻を娶ったが未だ嗣子がいない,性格は内向で,其の母が電話で曰く,子には近来常に滑精があるようだ,三四日に一回か,甚しければ一日に二回も,それが已に一月余りになる。
往診するのが羞しいので,電話で処方を求めてきた。
そこで此の処方に覆盆子、菟絲子を加えて,7剤出した。
黄師が再び梁某に電話をしたら,答えて謂うには服薬后,七日経つが未だ滑精はしていないと。
※『中医治法與方剤』(陳潮祖)には桂枝加竜骨牡蛎湯の病機を「陰陽両虚,疏泄太過」としている。
疏泄といえば肝経の機能だが、大脳皮膜説による心包とも関係が深い。

|

« 表証が無くても葛根湯は使える | Main | 参苓白朮散(《太平恵民和剤局方》) »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早漏は腎虚に非ず:

« 表証が無くても葛根湯は使える | Main | 参苓白朮散(《太平恵民和剤局方》) »