« 興味深い治験例 慢性気管支炎2 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎4 »

興味深い治験例 慢性気管支炎3

3.脾胃虚寒を聞き出せず反治肺腎のミスを犯した
例如:患者李××,女,30歳。
支気管哮喘になって5年,夏になると必ず起こり,冬季には反って減少する,この両年来は冬夏倶に喘し,歩くと呼吸が荒くなる。
前医は定喘湯、小青竜湯を出したが無効だった。
私が診るところでは脈弦大なので,黄芪鼈甲散去鼈甲、秦艽、天冬、桔梗、桑皮,加麦冬で治療した。
※(黄芪5 地骨皮・柴胡・半夏・知母・生地・白芍・麦冬・肉桂・桔梗・紫菀・党参・茯苓3)
7剤の薬后 喘咳は大いに減じたが,それ以上継服しても無効で,歯衄、鼻衄、泄瀉を起こした。。
いくら考え直してみても,やはり上方は正しいと思えるので,更に20剤を与えた,薬后に気短咳喘は劇しくなり,衄血も続くし,手足は共に厥冷し,舌質は淡暗,脈弦緊となった。
反復思考するに,衄は火証が多いといえど,然し虚寒者にも有ることだ,且つ十数日来 胃脘満痛して,食欲不振がある。
乃ち云く:脾胃虚寒が本で,痰飲蘊鬱が標である,因って附桂理中合二陳湯方を4剤出した,薬后に衄血は完全には止らなかったが,喘咳は漸く平静になった。
   朱进忠医案 より
※夏になると起こるので気陰両虚、痰濁中阻の黄芪鼈甲散(朱先生の得意な処方)が選ばれたが、脾胃虚寒になったのは黄芪鼈甲散が重すぎたからではないのか?

|

« 興味深い治験例 慢性気管支炎2 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎4 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 興味深い治験例 慢性気管支炎3:

« 興味深い治験例 慢性気管支炎2 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎4 »