« 無症候性蛋白尿 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎6 »

興味深い治験例 慢性気管支炎5

5.心腎陽虚,水飲内停,上凌心肺なのに,宣肺化痰を反用して正気を傷つけていた
例如:患者李××,女,成。
支気管哮喘が反復発作してもう数十年になる,一年前には感冒に因って咳喘が加重した,某院では支気管哮喘合并感染と診断して,前后して入院治療を7ケ月以上したが好転せず,その后また中薬の射干麻黄湯、定喘湯、蘇子降気湯、小青竜湯加減等の配合で治療すること8ケ月以上になるが亦無功だった。
其の証を診ると,喘咳短気して平臥できない事の外に,骨痩して柴の如く,飲食は倶に廃され,畏寒肢厥,足冷は膝までに至り,手冷は肘までに至る,口干しても飲みたがらず,舌淡で苔白,脈沈細促無力である。
反復思考し,証脈を合参すれば,心腎陽虚,邪水上汎,上凌心肺と弁証される。
しかるに前医が用いた諸方はみな実治だったから,奏功しなかったのである。
そこで真武湯の原方を1剤とした。
すると某医は処方を視て,云く:“病重くして薬軽し,また麻黄の定喘が無ければ,飲んでも無駄である。”と云ってその処方に麻黄を加えて1剤を服させた,結果として服薬すること4剤になっても,効果は無く,又私の診を請うことになった。
私云わく:“正虚の躯に,克伐の品を過用して,已に正虚邪実の重証に成っている,麻黄の発散力は微かでも,正気を傷つけるには充分である,麻黄を去り,人参、杏仁を加え,正気が少し回復すれば,痰飲は減るだろう。”
処方:人参・杏仁・附子・白芍・茯苓・白朮6 生姜1片。
薬進すること2剤で,咳喘は少し減り,継服すること20剤で喘咳は平定して退院した。
   朱进忠医案 より
※「病重くして薬軽し」と考えるのは誰もが犯しやすい間違いだ。

|

« 無症候性蛋白尿 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎6 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 興味深い治験例 慢性気管支炎5:

« 無症候性蛋白尿 | Main | 興味深い治験例 慢性気管支炎6 »